北へ #004 雨ニモマケズ

8/15(金) 旭川 – 札幌 155.4km [Map]

8時すぎ、起床。外は今日も曇り空。9時に SAQLA さんと待ち合わせ、駐車場からバイクを出し(これにえらい時間かかった)、ちょっとしたものの調達のために 100円ショップを探したりしているうちに SAQLA さんちに戻り、雨がやばそうなので荷物だけ雨装備したり記念撮影したりしているうちに10時をまわる。札幌まではすぐだし、とか余裕かましていたら押し始めてしまった。まあいいか。

旭川を出発し、途中まで SAQLA さんが見送りがてら先導してくれる。国道12号に入ったあたりでえらい渋滞しはじめる。ところどころ流れたり、また止まったりの繰り返し。おいおいまさか札幌までこの調子じゃないだろうな・・・。

DSC_6361道の駅ライスランドふかがわで休憩。しゃけとイクラの巨大おにぎりを食らう。わたしイクラ嫌いなんだけど、これはとてもおいしい。かなりデカいおにぎりで、出てきたときおいおいこれ食べきれるかぁー?なんて思ったけど、ペロっと食べてしまった。例によって写真撮り損ねたので SAQLA さんのを拝借。

DVC00020朝ごはんとも昼ごはんともつかない食事を終え、雨が降り始めていたのでカッパを着て出発。ここでまる2日間えらいお世話になった旭川のヒゲの方とはお別れ。本当にありがとうございました。

さて札幌を目指す。道が混んでいるが、前を行く1号氏は私を慮ってかあまりすり抜けはしない。途中釧路ナンバーのハーレー二人組と混ざって4人のツーリングみたいになってておもしろかった。のんびり走る中、雨脚は強まっていく。

でようやく札幌到着。とはいえこの札幌に入ってからが大変で、ホテル探すのにえらい難儀した。何度も地図を広げて確認するのだが、どうにもたどり着けない。ツーリングマップルもプリントしてきた詳細地図もそして SAQLA さんが作ってくださった地図も、雨に濡れてボロボロになってしまった。警備のお兄ちゃんやら赤いカブの郵便屋さんにも道を聞いてみるも、その説明を聞いてもよくわからない。なんとかホテルにたどり着いた頃にはずぶ濡れで疲れきっていた。

ホテルにはコインランドラリーがあったので(しかも部屋の真ん前。ホテルの人の計らいだろうか。笑)、濡れた服やら靴やらを乾かす。身体も冷えきってしまったのでシャワーを浴び、しばし部屋で休憩。なんとか回復した頃、雨もだいぶ弱まって傘がなくても出られるくらいになっていた。もう日は暮れ始める時間だ。GRD だけ持って出かけることに。

R0023796とりあえず大通り公園をぶらぶら。ビアガーデンが出ているが、この寒いのに雨の中ビールなんぞ飲む気にもならず、スルー。テレビ塔にのぼって大通公園を見下ろす。日はすっかり暮れ、札幌の街は夜景へと姿を変える。

テレビ塔を下りて、こんどは地下街をぶらぶら、HTB ショップへ。しかしお目当てのグッズがなかったらしく、ショボンとする1号氏。ヘルメットに貼るべく小さいステッカーを買ってみた。わたしのヘルメット、初心者マーク、リンゴ(半分)、水曜どうでしょう、てなぐあいでだんだんイタいかんじになってきた。次は何を貼ってやろうか。

なんだかんだでいい時間になってしまったので、その他の札幌は翌朝にがんばってめぐろうということで、とにかくごはんを食べに行く。カニだカニー! ってんですすきののお店へ。

R002382140分くらい待つようだったので、近くにみえた観覧車に行ってみることに。近いはずなのになんか見つからないとおもったら、道はさんですぐ隣のビルの上にあった。ばちこん撮ってやった。

R0023863そしてたらふくカニをカッ食らう。ウマカッタ。茶碗蒸しも食べられて満足。鉄砲汁はえらい味噌味が濃い。それが札幌だそうだ。

そういえばお昼札幌ラーメン食べたかったのにすっかり忘れてた。なんだか北海道に来たというのにマトモなものを食べたのはこの最後の夜だけだった気もする・・・。

タクシーでホテルに戻り、作戦会議。朝早く起きて札幌で残したところをまわり、小樽へ移動して小樽をぶらぶらしよう。明日は晴れの予報だ。

北へ #000 前日入り
北へ #001 湯沢 – 新潟港 – 小樽港
北へ #002 小樽港 – 富良野 – 美瑛 – 旭川
北へ #003 旭川 – 糠平 – 弟子屈 – 旭川
北へ #005 札幌 – 小樽港 – 新潟港
北へ #006 新潟港 – 湯沢 – 猿ヶ京温泉 – 東京
北へ #007 エピローグ

北へ #004 雨ニモマケズ」への2件のフィードバック

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。