北へ #000 前日入り

20080824
夏休みは北海道へ。そう決めたのはいつ頃だったか、もう忘れてしまったけど、バイク乗り的に北海道を走るってのはある意味必然にも近いんじゃないだろうか。

大学2年の夏、ひとりで青春18きっぷで北海道を旅したとき、函館の YH で同室になったライダーのおねーちゃん。雨に降られたようで、部屋に革パンを干していた。ツーリングマップルおもしろいよって見せてもらったりして、歩きではまわりきれないいろんなところを地図上に見た。名前も知らない彼女があまりにもかっこよくて、そのときバイク乗りたいって思ったのがたぶんいちばん最初だとおもう。

それから6年。免許とってはじめての夏。妄想という名の計画を練り、ついにやってきた 8月。北へ渡る前の週、北海道は連日晴れに晴れまくっていた。ずらっとならんだ晴れマークを見るたびにどんなに悔しい思いをしたことか。そして嫌な予感というのは当たるもので、私たちが行く週の予報は見事に曇・雨。それでもとにかく楽しみで、雨なんぞ降らせないとかなんとか言いつつ出発の日を指折り数えていた。

8/11(月) 東京 – 湯沢 196.1km [Map]

この日は仕事なので、定時までは会社。しかしながらもう仕事なんぞ手につかない。まだ雨の心配もなく、17:30 きっちりに退社して荷物をバイクに積み始める。

ところがここで早くも問題発生。ツーリングネットが劣化してちょん切れそうになっていたことを失念しており、新しいのを買っていなかった。荷物を積んではみたものの、これはヤバいだろう、ということで急遽上野に寄ってネットを買って再び積む。思わぬ時間ロス。関越までの道のりは、帰宅時間に重なることもあって混んでいて、練馬 IC ですでに 19時をまわっていた。でも関越にのってしまえばあとは快調に飛ばし、21時頃湯沢の基地に到着。

すでに到着していたヒラ部員1号氏と共に夕食を済ませ、スーパーで買出しをし、サッサと寝る。はずが、なぜか涼子について腹割って話すことになり、夜更かし。翌日は5時起きだというのに、いきなり寝不足スタートとなる。まあ明日はフェリーでいくらでも寝られるし、いいか・・・。

この日の写真ないのですすむさんの SR に乗ってハシャぐわたくしでもw
R0010531

北へ #001 湯沢 – 新潟港 – 小樽港
北へ #002 小樽港 – 富良野 – 美瑛 – 旭川
北へ #003 旭川 – 糠平 – 弟子屈 – 旭川
北へ #004 旭川 – 札幌
北へ #005 札幌 – 小樽港 – 新潟港
北へ #006 新潟港 – 湯沢 – 猿ヶ京温泉 – 東京
北へ #007 エピローグ

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。