0201」タグアーカイブ

20210201

さて2月。気を取り直して細心の注意を払って1日過ごし、無事に終えることができた。このまま1ヶ月事故なく過ごせるといいんだけど、どうなることやら。。昨日の夏みかんはまだ食べていない。

20200201

幼稚園行ってちょっとした行事があって、浅草橋でごはん食べて、前職場にちょこっと顔出して、合羽橋で蕎麦打ちの捏鉢買って、浅草行って雷門の前で太郎号泣グダグダで、銀座で予約してたミルフィーユ受け取って、おうち帰ってきた。盛りだくさん!

20160201

MacBook 重い重いって大騒ぎしてきたけど、iTunes とか iPhoto とかももちろんあるけど、それより何より Safari のタブを開きまくってるのがよくないということに気づいた。常に6個くらい開いてるんだけど、Mavericks からタブごとにプロセスを生成するとかでメモリをバカ食いするらしい。で、そのメモリの使用量を削減する方法というのがあったのでやってみたらば、サクサクめっちゃ快適〜。いやー素晴らしい。よかったよかった。

20150201

1年前の今日、1本の赤い線でその存在を示した君は、いまわたしの隣で眠っている。1年てなんて長くて短いんだろう。人の親になって迎える誕生日は、自分が年を取る云々よりも親に感謝する気持ちのほうが大きいのだと気づく。

20140201

月日の経つのが飛ぶように早いんだけど
一週間が経つのがやけに遅く感じられたりもする

最近なんかいろいろ考えてはいろいろなんだけど
まあなるようにしかならんのでなんとかなる予定

まずは緩んだ身体を引き締めるところからはじめようかね
いやほんとにね・・・ヤバいね・・・

20120201

少し前にバイクの自賠責が切れて、更新したので車載している書類を入れ替えようと、シート下の小物入れから書類を入れたビニール袋を取り出した。中には自賠責の書類と、車両の登録証と、遺書が入っていた。

そう、わたしは事故って死んだ時のために、遺書を入れておいたのだ。たぶんバイクを買った時だろうから、おそらく4年くらい前に。雨やなんかでだいぶ汚れてヨレヨレになった、その五線紙にしたためられた遺書を広げて読んでみる。昔の自分の日記を読むみたいなこっ恥ずかしさがあった。

この遺書、自分の所有しているものだとかネット上のアカウントだとかについていろいろ書かれているんだけど、だいぶ情報が古くなっている。それで、今日、改めて書きなおすことにした。これから1年に1度、自分の大切な物や大好きな人たちのことを考えつつ、遺書を更新していこうではないか。事故った時に自賠責の書類を確認しようとした警察屋さんに見られて恥ずかしい思いをするのも、また一興。