韓国遠征 記者会見 #001

また日が経っちゃった上、土日のツーリングもあってなんだか順番が前後しちゃいましたが、ふりっかに写真もあっぷし終わったし、PGR Blog のほうでリレーがはじまった模様なのであわてて韓国遠征の記者会見を行いたいと思います。たった2日の旅行ではありましたが、何しろ1日1日があまりにも濃ゆいため、えらい長文になってしまいました。よって何回かにわけて連載いたしますので、しばらく長文エントリが続きますが勘弁したってください。

4月11日(土)

深夜3時の東京国際空港。夜の羽田は昼間とまた雰囲気が変わる。第2ターミナルの駐車場にバイクを置き、国際線ターミナルに向かう。歩いて行くつもりだったが、ちょうど巡回バスが来たので乗っていく。2タミは閉鎖され人影もなかったが、国際線はこれから週末を海外で過ごそうという人々の熱気に包まれていた。羽田の国際線ターミナルは地方の空港みたいにこじんまりとしていて、その雰囲気は「旅行に来た!」みたいな感覚を味わえて好きだ。でも今回は、出発の地。人ごみの中にいつもの仲間を見つける。前泊や終電から待機組含め、すでに全員揃っていた。この PGR の総理以下5名の閣僚陣総勢6名で韓国へ遠征する。ちなみにわたくしぷちともの肩書きは官房長官である。

R0029471午前5:30に羽田を発つ。前日20時前にベッドにもぐりこむも、なかなか寝付けずに結局2,3時間しか眠れなかったこともあり、すぐに眠りに落ちる。しかし行き先はお隣韓国、ものの2時間で着いてしまう。眠い目をこすりながら空港に下り立つと、そこはもうキムチのにおい! なのかなんなのかよくわからないが、なんか独特のにおいがする。気がする。友人の家に行くとその人の家のにおいがあるように、その国にもその国のにおいみたいなものがあるのかもしれない。

R0029483仁川国際空港は新しくきれい、そして広い。入国審査やらなんやらを済ませ、日本円をウォンに両替する。3万円を両替したのだが、10000ウォンの札束がよこされる。うん、オカネモチになった気分だ! バスに乗ってまずはホテルへ。チェックインを済ませ、ひとつだけ入れた部屋に荷物を置き、いよいよソウルの街へと繰り出す。

R0029500まずは腹ごしらえ。メンバー全員が前日からほとんど寝ていない上朝ごはんも食べそびれているのでお腹ぺこぺこぺこりんぐである。すこし歩いてホテル近くの食堂みたいなところでちょっと早めの昼食。つきだしの多さにいきなりビビる。石焼ビビンバいただきました!おいしいわ激安だわで幸先いいスタート。

お腹を満たしたところでいったんホテルに戻る。当初、韓国に精通しており韓国語もペラペ~ラなメンバーもこの遠征に参戦予定だったのだが、日程の都合でできなくなった。で、移動しやすようにと、日本語ガイド+運転手付の車をチャーター(っていうのかな?)することにしていた。4時間で20万ウォンなのだが、6人で割るので1人当たり日本円に換算して2500円とかそんなもん。安い。予定よりすこし遅れてガイドさん到着。車に乗り込み、出発である。

DSC_9348「どこに行きたいですか?」と問われ、「古い町」と答える日本人軍団。ガイドさん困惑しつつもそれらしき場所に連れて行ってくれる。それが梨大(イデ)というところだった。大通りからちょっと裏通りに入ると景色が一転し、昔ながらの古い町並みが広がる。まさにイメージ通りのアジアの古い町! おお、いいじゃんいいじゃん!このへんでいいよ! と盛り上がる閣僚陣。適当に車を止めて、みんなでゾロゾロ歩き出す。そして、撮る、撮る、撮る。ガイドさん困惑。何この日本人・・・。

DSC_9387おそらく観光客が来るような場所ではない、裏通りの路地。地元の人の市みたいなのが出ていたりして、被写体の宝庫。興奮気味にバシバシ撮りまくっていたら、国土交通相・くもさんおばちゃんにおこられる。以降くもさん怯んでしまい、思うように撮れなかったそうだ。恐るべし韓国のおばちゃん。そのほとばしるパワーはちょっと大阪のおばちゃんに似ている。気がする。

いきなりディープなところへ来てしまったが、ステキな路地を堪能した我々が次に向かったのは南大門市場。600年の歴史を誇るソウル最古のこの市場は、外国人観光客にも特に人気のあるショッピングスポット。たくさんの人で賑わっている。しかしながら、先ほどのインパクトがあまりにも強すぎて、「フーン、アメ横だね」みたいなかんじで一同テンションダダ下がり。先にここに来ていればもうちょっと盛り上がっただろうに・・・。ろくにカメラを構えることすらせずに、ものの10分で南大門市場を去ってしまうのだった。

DSC_9420さて次はどこへ行こうか、宮殿でも行ってみようか、ということで景福宮へ。ちゃんとした観光地である。しかしここでもテンション下がる一同。「史跡は苦手なんだ」とか「撮りようがない」とかぶつくさ言いながらも、やっぱり撮る。ベッタベタな記念撮影もしてみる。こんな記念撮影いつぶりだろう。たまにはいいなぁとおもった。観光地なので、ようやくガイドさんが仕事らしい仕事ができる!とばかりに意気揚々と説明をはじめるも、誰も聞いてない(笑)。まあ、苦手といいつつもなんだかんだでみんな撮っていた。

韓国遠征 記者会見 #002
韓国遠征 記者会見 #003
韓国遠征 記者会見 #004

韓国遠征 記者会見 #001」への3件のフィードバック

  1. by Ken.jp at

    韓国行ったんですね。
    オイラも年末年始に行ってきましたよ。
    オイラが行ったときの景福宮は池が凍っていたけど、なかなかいい時期に行きましたね。

    返信
  2. by ひちゃこ at

    続きが楽しみ〜。
    ガイドさんの不遇っぷりが…….気の毒だけどワロタw

    返信
  3. by musik_hibi at

    韓国は初めてでしたっけ?
    自分も過去に行ったことあります。
    今行ったら受け止め方がまた違うかも。
    ところで魚(?)がぶら下がってる写真は、
    以前見たことがあるような、
    久しぶりのデジャブ現象デス^^;)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。