古本

アマゾンのマーケットプレイスで文庫本を買った。えらい日に焼けていて「うわぁ」とおもったけど、仕方ない。

で、読んでたら、中からはらりと紙切れが落ちた。なんだろうとおもって見てみると、レシートだった。

そこには「東京医科歯科大学生協」と書いてある。さらに下には「1-12-81」と書いてある。2001年12月81日ではないだろうから、1981年12月1日か1981年1月12日なんだろう。奥付を見てみると「昭和五十五年十月一日発行 昭和五十五年十二月五日四刷」とある。うん、時期も合う。値段も一致。

これ、27年前に医科歯科大の学生が大学生協で買った本なんだ。その人がレシートを本にはさんで、27年間ずーっとそのままだったんだ。なんか、すごい。

古本って、前にいったいどんな輩が触ったかわかんない、どこのウマノホネともわからん人物がハナクソほじくった手でページめくってるかもしんない、おおキチャナイ、とかおもって頑に買わなかった若き日もあったけど、今はそんなに気にしない。てか古本でないと手に入らないものもあるしね。で、こうやって医大生が生協で買った本を27年後にわたしが手にしているというのもなんだか不思議なめぐりあわせだね、と。あまり状態のよくない本つかまされてチキショー「良」ってなってたけど「可」くらいじゃね? とかぶつくさ言ってたんだけど、なんだかちょっとだけうれしくなった。27年前に医科歯科大の学生だったってことは、いまはきっと立派なお医者さんになってることだろう。立派じゃないお医者さんかもしんないけど。

よーし、そのお医者さん探しの冒険に・・・出ないけどさ。
20080319

One thought on “古本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください