手塚治虫漫画全集

2010081219013000-IMG_0146.JPG
台風の影響で風が強く、雨も降るらしいので、今日は引きこもることに決定。実家で PLUTO の原作鉄腕アトムを読もうとおもったんだが、奥深く埋まってしまっていてめんどくさくなって断念。。もうグタグダw 手塚作品どれを読んでてどれを読んでないかいちど整理したいなぁ。

なんとなく

なんだかよくわからんうちに夏休みに突入。東北いきたかったけど諸般の事情により(おもに経済的なアレなわけだが)断念。まー東北はやっぱ冬かな。豪雪の温泉街いきたいなぁ。

あ、そういえば未来館の常設展の招待券いただいたんだ。でもこの盆休み中に行くのはどう考えても無謀だよなぁ。リコーの企画展は今月末までらしいのでタイミング見計らって行きたいけど。。

明日はどっか行こうかな。縄張りづくりのために千葉方面でも行ってみっか。とおもったら明日雨なの? なんだよもう・・・なんかグダグダで終わりそうな予感w

セミ

本日帰宅しましたら、部屋の真ん中にぽとりとセミの亡骸が落ちておりました。ああ、こりゃネコ助さんの仕業だな、とおもって、幸いズタボロにはなっておらずきれいにセミの形状を保っておりましたので、拾って外に出そうとしましたら、セミさんピクピクっと動きまして、うおっ、亡骸じゃなかった! 瀕死だった! みたいなかんじで驚きました。失礼しました。

そっと拾ってベランダに置いておきましたが、しばらくしてお亡くなりになったようです。あのセミが、7年前といいますとわたくしはちょうど大学生、その頃にこの世に生を受け、10日ほど前、それはちょうどわたくしが必死に大型バイクの集団について行こうとしてトラックに阻まれている頃に地中からようやく外の世界に羽ばたいて、夏の太陽の日差しの下で懸命にみんみん、みんみんと言って、そして体力が衰えてきたところでネコに捕まり、そして果てていくんだなと、それが夏なんだなと。

まあそんなところです。おしまい。

ラーメン屋のチャンポン

今日は長崎の日なので、毎年恒例ちゃんぽんを食べる日である。狙っていたお店がなぜか発見できず(盆休み?)、時間もないので(昼休みだったので)結局近所のラーメン屋で済ませることにした。

ラーメン屋のチャンポンというのはおよそチャンポンとは言いがたいシロモノであることが多い(過去2回ほど経験あり)。麺はふつうのラーメンの麺だし、スープは塩味だし、野菜はたっぷりだけど・・・これじゃただのタンメンじゃネーか!! ってテーブルひっくり返したい衝動に駆られる。詐欺にあった気分だ。ちきしょう。

で、今日のチャンポンもまさにその典型的な「ラーメン屋のチャンポン」で、これは長崎ちゃんぽんとは違う何かなのかな? とかおもっておもわず Wiki ったところ、沖縄のちゃんぽんとか韓国のちゃんぽんとかあるらしい。ふうん。。

ああ正しい長崎ちゃんぽんが食べたい。あとうなぎ。あとジンギスカン。

縄張りチェック

に連れてってもらった! 新たな道志の発見。楽しかった〜

いつもなら半日コースだそうですが、わたしのスローペースに合わせてもらったため1日コースになってしもたw しかし気持ちいい道走って、吉田うどん食べて(ウマカッタ!)、道志川温泉にゆっくりつかり、最後のシメにあまりにもかっこよすぎるツーショットを拝み、縄張りを多いに満喫いたしました。どうもありがとうー。

わたしも縄張りつくりたいな。やっぱ千葉方面かしら。ちょっと通おうw

本日の吉田うどん:みうらうどん

世界報道写真展

R0026010
今日は所用で目黒へ。ちょっと時間をつぶす必要があったので、写美に足を伸ばして会期が明日までに迫った 世界報道写真展 2010 を観て来た。

会場入ってすぐに、目を背けたくなるような凄惨な光景がつづく。スポーツとか自然をテーマにしてる写真なんかはところどころホッとするものもあったけど、報道写真という性質上ものものあるだろうけど、どうしても世の中の負の部分がクローズアップされる。おなじ地球上で起こっていることを目の当たりにして、だけど自分がどうすることもできないから、ただただ撃たれる心配なく生活できる幸せを思わずにいられなかった。ああわたし日本でよかった、って、それで済ませられるものではないんだけど。写真のもつ伝える力みたいなものも強く感じた。

民家の天井に砲弾で穴があいて、そこから光の差し込むリビングの写真が不思議と美しくて、すごく印象に残った。

ドコモ

おい
iPhone ドコモ回線利用可能になるとか
なんでこのタイミングなんだよ
まー様子見だけど
ふつうにドコモから出る日は来るのかね
そしたら2年後に考える

非実在老人

今日ひろったことばは「非実在老人」。

なんかこのことばすごいツボったんだけど。なんというかもう哲学的ですらある。本質存在に対する現実存在の優位。そうそれは実存主義。では非実在老人とは何なのか? 本質的に存在しているのか?

もはや年金の不正受給とかそんな低俗なこと超越してる。適当に難しいっぽくかんがえたくなることばです。素敵です。

そういえば

8月1日でネコ助さんがやってきてまる3年になった。誕生日がわからないのでこの日を誕生日がわりにしてるんだけど、毎年どうも忘れがちである。
DSC_7912

過橋米線

ずいぶん前から気になっていた過橋米線。中国雲南省の料理だそうだ。麺は太いけどコシはなくて、柔らかいチャンポン麺みたい。スープがすっごくおいしい。後半はラー油をいれてピリ辛でいただく。
R0025994