ダウジング

ウチ設備屋なんですけどね、今日図面描くために現場行ったんですけどね、そこでダウジングなるものをしてみせてくれたんです。排水管が通ってるところでぴゅーって金属の棒が動くのさ。

手品のようだった・・・
ダウジング・・・
ググってみてもイマイチよくわからない・・・
ちょっと不気味・・・

ゼラチンシルバー LOVE

GELATIN SILVER, LOVE
APA アワード 2009 の招待券をいただいたので、写美に行ってきた。広告作品部門と写真作品部門があって、どちらもすごかった。広告写真は広告写真だから、やっぱうわーすげーこんなん撮ってみていーてかここ行ってみたいーみたいな。写真作品部門は「作品」だね。なんか PGR でまた写真展やるとかいってるんだけど、なんかとってもお勉強になった。テーマをどう表現してるのかとか、写真の組み方とか、いろいろと。私はまだまだ「作品」にはできてないなーって。なにかを表現できるところまで技術なりセンスなりもってけるといいなあとおもった、わけでした。

で、せっかくの写美。これだけで帰るのもモッタイナイ。ロビーで案内を見ると、1F のホールで ゼラチンシルバー LOVE(音注意)という映画が上映されてる。実はこれ、先々週かな、写美に来た時予告編が流れてたんだけど、ちょうどパイパーを観た後だったこともあって、宮沢りえのあまりの美しさにくぎづけになったのだ。なので普段映画をまったく観ないわたくし、たまにはいいなとおもってそれを観ていくことにした。

シアターで映画を観るなんていつぶりだろう。よかったわー。なんだろな、ストーリー的には微妙なんだけど(笑)、映像としての美しさかな。全編に漂う怪しげな雰囲気もなんか好き。トレーラーにもあるけど、宮沢りえがゆで卵を食べるシーンは、エロティックで、残酷さすら感じさせ、そしてとにかく美しい。

監督は操上和美さんという人で、この方写真家なのね。だからなのかなー、映画の中で静止画としてもすごくいい瞬間が何度もあった。構図とか、物や人の切り取り方とか、写真を撮る目線っていうのかなあ。なんかそう感じた。あーここ撮りたい! みたいなシーンも多くて、なんか自分がおさんぽカメラしてるのをスクリーン通して観てるような感覚で、すごい面白かった。主人公の永瀬正敏が劇中で使っているライカがとってもステキング。いまマニュアルなカメラ欲しくなっちゃってて、よけいに欲しくなっちゃた。で暗室作業のシーンとか・・・うひー、やってみたい! なんかツボなとこがいっぱいな映画でした。こんど 500ml の水で 12分30秒きっかりのゆで卵作ってみようっと。

派手なの飽きた

やっぱシンプルなのがよろしおすな。ヘルベチカうつくしいのう(ほれぼれ)。マイブームは Bookman Old Style デス。IE チェックしてませーんアハハ

今日はフラメンコみにいった。情熱なのだ。オーレ! 哀愁のギターに情熱の踊りですよ。とっても美しくてとってもかっこよくてシビれた。パエリアおいしいーイベリコ豚おいしいー。とってもよい時間を過ごしましたありがとう。
R0028814

音楽も聴けるネクタイピンのご紹介です。

iPod shuffle
突然きたね iPod shuffle 。ちっちぇーー確実になくすぞこれ。もう iPod pico とかでいいんじゃね? 愛称「ぴこたん」カワイイがな。

まあアレですな、歴代の shuffle を鑑みると、第1世代はスキー場に、第2世代はジーンズに、そしてこの第3世代はスーツに、といったかんじですかね、わたし的にw

じぇんとるまんな諸兄方、タイピンとしてぜひひとつ。

Apple – iPod shuffle
Apple Store

むー

なんか突然体調不良
おでかけは中止

ところで二輪 ETC 車載器在庫切れだってさ・・・
GW には間に合わなさそう
助成金出る期間もえらい短いし
出遅れたなー完全に

はぁ
ごはんつくる気力ないわー

珠玉の名旋律

R0028806
昨日は久しぶりに神奈川フィルの演奏会に行ってきた。ミューザ川崎。演目はブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲と交響曲第1番。

石田氏は本当に、そのチンピラみたいな風貌(失礼、)からは予想だにしないような美しく繊細な音を響かせる。このコンマスとそして指揮者シュナイト率いる神奈川フィルは、今回もまた素晴らしい演奏を聴かせてくれた。ありがとう。

はじめて神奈川フィルを聴きに行ったのはもう3年前になるのかな。なんか偉そうなことを言うようだけど、いいオケになったなーとおもった。はじめて聴いたのは大好きなベト7で、予想以上の演奏に感動したものだけど、その時よりもっともっといいオケになってる。お金がないとか横浜遠いとかで足が遠のいてしまっていたけど、やっぱいいなあと再認識。愉快な仲間たちとのアフターコンサートも大いに楽しくあっという間に 5時間。これがあるから神奈川フィルはやめらんないぜ(笑)。

シュナイトさん指揮の神奈川フィルが聴けるのも、5月の音楽堂のシューマンで最後になる。必ずや聴きに行こうと心に決めたのだった。