銀様

京急の先端車両の短いイスが好きである。3人掛けもあるけど、2人掛けのほうが狭くて落ち着くので好きだ。運転席の方を向いているとなおよし。わたしはこの短いイスを狙って、日々通勤電車でデキるジジイ*1 やうさぎの耳あての女*2 と熾烈な席取りバトルを繰り広げている。

ところが、京急新1000形(6次車)、通称「銀様」にはこの短いイスがない。そのため銀様が来てしまうと戦意喪失し、座る努力を放棄。結果、日本橋コースである。通勤電車で睡眠時間を確保しているわたしにとっては死活問題である。まあ、座れなくても立ったまま寝てたりするけど。

最近銀様に当たる確率が減っていたのだが、今朝は残念ながら銀様であった。せっかくデキるジジイもうさぎ女もいなくて最前列に陣取ることができたというのに、銀様がホームに滑りこんできた時のあの絶望感たるや!

ああ、忌まわしき銀様を撲滅してやりたい。
しかし、これから増えていく車両は銀様である。
嘆かわしや。

*1 デキるジジイについては、いずれ改めて書こうとおもう。
*2 うさぎの耳当てをしている女性。黒髪ロング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。