そば打ち体験

ayumit 氏が江戸文化歴史検定を受験し、見事3級に合格された。その特典のひとつとして、日本そば打ち名人会なるところで開催している手打ちそば教室の体験コースの参加費が割引になるらしい。

というわけでちんまり隊、新春一発目はそば打ち体験に行こうの巻。工房は何カ所かあるんだけど、いちばん近い湯島天神工房で参加することに。工房に到着すると、けっこうな賑わいの中ですでにそば打ちは始まっていた。

そば打ちはつなぎが少ないほど技術が必要で、この教室の上級では八割そば 1kg を 40分で打つ、とかになるらしい。今日の体験で打つのは六割そば 400g 。まずはそばの実を挽くところから。精米機みたいな機械に2度かけてそば粉を挽き、割り粉と混ぜる。粉の半量の水を加えて水回し。くるくる回しているとだんだん粉がまとまってくる。生地をまとめたら捏ねる。捏ねる。捏ねる。これがけっこうな重労働。全体重かけてがんばって捏ねた。そして 90cm 四方の板の上で延ばす。均等に延ばすのが難しい。薄くなってくると破けちゃいそうで怖い。そして折り畳んで、たっぷり打ち粉をふって、切る。最初の方はだいぶ太かったり不揃いだったりだけど、だんだん慣れてきてコツをつかんでくると「お、いいんじゃね?」みたいになってうれしい。でも、名人たちの蕎麦を見るとその差は歴然。って当たり前だけど。

R0017352R0017359R00173610017363

とまあ一気に書いたわけだけど、もう無我夢中でもちろん写真を撮る余裕なんぞなく。最後のほうになって慌ててカメラ引っぱり出してきてちょっとだけ撮った。そして体験終了後は打ちたてのお蕎麦を試食。見た目は悪いけど、蕎麦の風味豊かでコシもあってすごくおいしいかった。

というわけで初めてのそば打ち、すんごい楽しかった! 教えてくれるおじさんたちもみなさんすごくいい人で。そば職人な出で立ちをしているけど、べつに蕎麦屋ではないらしい(笑)。あくまで趣味なんだとか。すごい楽しいしもっとやってみたいけど、初級コース全8回となるとけっこうな金額で、ちょっと考えてしまう。。でもほんと、楽しい体験だった。機会をくださったあゆみさんに感謝。またやりたいなぁ。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。