活版印刷体験

印刷博物館内にある印刷の家では、活版印刷を使ったワークショップが開催されている。ここで活版印刷の体験ができるということで、ちんまり隊は激しい風雨をものともせず出かけて行った。

R0013977ちんまり隊を含む5名の参加者でワークショップははじまった。お姉さんの説明を聞きつつ、さっそくやってみる。一面に文字の並んだ棚から活字をひろっていく。これを文選というんだけど、このひろうの専門の職人さんがいるらしい。すごい専門だ。後で実際にやってるところを見せてもらったんだけど、すごい速い。さすがである。

R0013956そして文字を組む。
わたしが印刷する文字列は・・・
「ちんまり隊」である(笑)。
ああもうこの文字が並んでるだけでちょうかわいい。

R0013944こんな機械で印刷する。
まるいところにインクがのってて、レバーを押すとローラーがその上を走って版にインクが塗られるという仕組み。

R0013993そしてできたちんまり隊一筆箋。
カワイすぎる!

というわけで、ものの 30分ほどだったけどたいへん楽しい活版印刷体験であった。その後常設展と企画展「空海からのおくりもの」もみて、印刷博物館を後にした。外はあいかわらず雨風強かったけど、神楽坂まで歩く。いつもは休日は激混みだというカフェ、天気が悪いからかすんなり入れた。軽くごはんを食べ、帰ってきた。今日のちんまり隊も実りある活動であった。

活版印刷体験」への1件のフィードバック

  1. by ぴろ at

    ちんまりの両方とも読ませてもらったー
    味わい深い明朝がイイねぇ… いつか行ってみよう。

    返信

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。