ちんまり隊、競馬へ行く。

DSC_9330あゆみさんが「競馬に行ってみたい」と宣ったのは去年の暮れ。ちんまり隊の2011年は、競馬でスタートを切ることとなった。しかしちんまり隊は可憐な乙女2人組、競馬のけの字も知らない。三連単? なにそれおいしいの?
そこでわたしは、友人とも後輩とも役員ともつかない男(競馬好き)に助言を求めた。彼は嬉々としていろいろ教えてくれた。さらに JRA のビギナー用の解説サイト(※音注意)を熟読し、予習。そしてついに、ちんまり隊が競馬デビューをする日がやってきた。

東京競馬場。東京都府中市にある中央競馬の競馬場である。競馬場というとなんだか薄汚くて、これまた薄汚いオッサンがカップ酒片手に酔っ払ってるみたいなイメージがあったけど、まったくそんなことはなかった(笑)。とにかく広い。そしてきれい。まるでホテルのロビーのよう。なんか日本庭園まである。何ここ。若い女性や家族連れなんかも多い。だけど競馬新聞を真剣に眺めて赤いペンでチェックしているおじさんももちろんいっぱいいて、やっぱりここは競馬場だ。

パドックというのを今回はじめて知った。走行前の競走馬たちを間近で見られるのだ。そしてそれを予想に役立てるわけだ。競走馬ってすごくきれいで、しなやかで、躍動感にあふれてる。かっこいい。だけどつぶらな瞳はかわいかったりして。そんな中から自分の運を託すお馬ちゃんを選ぶ。ロジポケット、頼んだぞ!

さっそく馬券を買ってみる。単勝、複勝、枠連、などなど、馬券の種類も勉強してきた。レーシングプログラムを真剣に眺めて、いろんなパターンで買ってみる。馬券を買ったらすぐさまスタンドへ。そしてレーススタート。馬・・・速い!! ちょっと、写真どころじゃない。目の前で見るレースはすごい迫力。ゴール直前になるとスタンドも否が応でも盛り上がる。秋山〜!!←ジョッキーの名前だと知る

はじめのうちは適当に買ってたんだけど、そのうちオッズとかで人気度をみてみたり、予想をみて「かたい」とされるのをうまく絡めて買ってみたり、とするようになっていく。でもなかなか的中しなくて、う〜ん、数百円とかでいいから払い戻しを味わってみたいよねぇ、などと話す。

さて今日のメイン(?)らしきレース、第25回根岸ステークス。これで最後の賭けに出る。的中させるのが最も難しい三連単でも買ってみる。ビギナーズラック、来い!

結果、わたしは枠連で的中。320円だけだけど戻ってきた! ワーイ。あゆみさんはと言うと、あ〜だめだった〜、と言っている。まあとりあえず機械に入れてみよう、ああ、戻される馬券、哀しみの馬券。・・・あれ? なんかいっぱいお札出てきたんだけどwww えええ!?!? なんでなんで!?!?

ハイ。前のレースのだめだとおもってた馬券、当たってたんですね。荒れたレースだったらしく、300円で買っている馬券が 17000円くらい。す、スゴいw なんだかわけがわからんうちに大儲けして、ほくほく顔でちんまり隊は競馬場を後にし、新宿に出て中華で豪遊(?)いたしました。いやぁ、もう、本当にありがとうございました。

競馬なんていうとギャンブルなんて! とおもうけど、純粋にレースを楽しむだけでもおもしろいもんだ。宝くじなんかは完全なただの運任せなわけだけど、競馬は過去のデータや当日のコンディションだとかの情報を集めて徹底的に調べて、それに基づいて予想を立てるわけだから、なんだか奥が深いなぁとおもった。お昼ごはんを食べてるとき、まわりのオジサンたちはみんなテレビにくぎづけで、ああほんとに競馬が好きなんだなぁ、なんかいいなぁ、とおもった。ほんとに好きで、真剣なまなざしで競馬新聞をチェックするオジサンたちは、なんだか生き生きして見えた。

というわけではじめての競馬、ものすごく楽しかった(笑)。またいきたいなぁ。府中はちょっと遠いけど、船橋の中山競馬場も行ってみたいね。フフフ。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。