最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事ネットのどこかで見かけてちょっと気になったんだけど、実家行ったら弟が持ってて読みたいって言ったらじゃああげるよ誕生日プレゼントっつってくれたところのデイヴ・アスプリー「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」。シリコンバレーで成功した IT の寵児が世界中の食とダイエットを研究しつくし、脳科学から栄養学、生化学まであらゆる研究を総合し、自らの体をハックして答えを出した食と体の真実。

人間の身体は食べた物からできるわけで、そのパフォーマンスも食べた物がダイレクトに影響してくる。腸内細菌とか、ホルモンとか、食物に含まれる物質がどのように作用するのかを細かく解説していて参考になる。で、どれひとつ試してみようかねとおもって、著者が奨めるところのグラスフェッドのバターはどこで手に入るかなと調べてみて愕然。予想はしていたがめちゃくちゃ高い。バターなんてただでさえ高いのに 0 ひとつ多い。MCT オイルとか、良質なコーヒーだとか、とにかく高い。こんなの貧乏人にはとてもじゃないけど無理。日本人の食生活にも合っていないし、生活習慣的にも実践するのは難しい。

完全無欠の食品だなんだというけれど、結局のところ品質の高い食品を摂取するということが身体にいちばんいいんだということ。と同時に、そこらへんで売っている物の多くは家畜にしろ農作物にしろ大量生産されるためにあれこれ変な物が投入されているわけで、現在の食のあり方をどうにかしないとどうにもならないんだろうな、とおもった。あとは、もう何を読んでも小麦はダメだね。いいことひとつもない。だけどダメだ、わたしは小麦を断つことなんかできない。もういいよ、おいしいもの食べられないで長生きなんかしたって楽しくない。おいしいもの食べて早死にするなら本望だ。わたしゃ食べるよ、小麦も甘いのも食べて食べてそして死んでやるさ。けどまあ、家族のためにもなるべくいいものを選んで摂取してい・・・けるといいね。という結論に至った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。