タグ別アーカイブ: Classical

珠玉の名旋律

R0028806
昨日は久しぶりに神奈川フィルの演奏会に行ってきた。ミューザ川崎。演目はブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲と交響曲第1番。

石田氏は本当に、そのチンピラみたいな風貌(失礼、)からは予想だにしないような美しく繊細な音を響かせる。このコンマスとそして指揮者シュナイト率いる神奈川フィルは、今回もまた素晴らしい演奏を聴かせてくれた。ありがとう。

はじめて神奈川フィルを聴きに行ったのはもう3年前になるのかな。なんか偉そうなことを言うようだけど、いいオケになったなーとおもった。はじめて聴いたのは大好きなベト7で、予想以上の演奏に感動したものだけど、その時よりもっともっといいオケになってる。お金がないとか横浜遠いとかで足が遠のいてしまっていたけど、やっぱいいなあと再認識。愉快な仲間たちとのアフターコンサートも大いに楽しくあっという間に 5時間。これがあるから神奈川フィルはやめらんないぜ(笑)。

シュナイトさん指揮の神奈川フィルが聴けるのも、5月の音楽堂のシューマンで最後になる。必ずや聴きに行こうと心に決めたのだった。

N響第九

N響第九
N響の第九聴きにいってきた。指揮はレナード・スラットキン。お財布事情の悪化によりコンサトしばらく足を運べていなくて、久々の演奏会。ソリストが・・・ちょっと・・・なんかソプラノは浮いてるしメゾはただでさえ目立たないのにソプラノに完全に潰されちゃってるしテノールはキャスト変わってるしバリトンがいちばんよかったかな。ソリスト陣がまとまりがないかんじがした。

けど、全体的には大満足ー。やっぱ音楽は Live なのよね、ホント。空気の振動というか、もうゾクゾクしちゃう。久々の生オケにシビれた。合唱もよかった。年末に第九という謎の風習はわりと好きです。おわるぞー! ってかんじがイイね。

そういや第九といえば、ずいぶん前にどこかで Underworld かなんかが(違ったかなぁ)第4楽章の alla Marcia のとこをアレンジしてやってたのを聴いた気がするんだけど、めっちゃかっこよかったんだよなー。なんだったっけあれ。知ってる人いたら教えてください。

にちょーび

なんだよ何が雨だよおもいっきし晴れてるじゃんかよこのバカ助

でも今日もオペラなのだワーイ
今日はドン・カルロ

* * *

なんつーか・・・謎だらけなオペラだねぇ(笑)。全体的に歌手の声量が足りなかったかなあ。特にエリザベッタが・・・繊細といえばそうなんだけど。でもエボリ公女はすごかったな。眼帯は謎だけど。最後、カルロは十字架にかけられてた。うーむ、謎だ・・・(笑)。でも楽しみました。機会をくださった方に感謝です。

ホールを出ると、凄まじい雷雨。傘なんて顔が濡れないだけで、膝から下はずぶ濡れ。近場のイタリアンに避難して軽くワインを飲んだ後、中華街に移動。山東の水餃子、ウマカッタ。

La Traviata

チケットをいただいたので、オペラ観に東京文化会館。
椿姫は初めてなのだ。楽しみ!

* * *

藤原歌劇団「ラ・トラヴィアータ〜椿姫〜」

 指揮 ジュリアーノ・カレッラ
 演出 ベッペ・デ・トマージ(再演演出:馬場紀雄)
 演奏 東京フィルハーモニー交響楽団
 合唱 藤原歌劇団合唱部
バレエ スターダンサーズ・バレエ団

ふぃー。楽しかったー。人間の声ってホントすごいね・・・・。いやはや。2幕2場 の夜会のバレエのシーンですんごいバレエ観に行きたくなっちゃった。何観に行こかなー♪

気怠い

なんとなくジムノペディが聞きたくなったけど、iTunes に入ってなかったので自分で弾いといた。なんとなく聞きたくなったのがプロコフィエフのピアノソナタ7番とかだったらこうはいかない。

でもアレだね、簡単だけど難しいね。

スキー用プレイリスト

ここ2,3日、おうちでは、iTunes Store 新春クラシック祭(と銘打たれていたかは定かではないが)で買ったマーラーの交響曲を延々垂れ流していた。で、昨日(ってか日付的には今日か?)ようやく全曲おわった。しばらくマーラーはいいや・・・w

マーラーといえば、いやマーラーまったく関係ないけど、スキー用にプレイリスト作って滑るときにイイなって曲を集めてた。いちばん多いのは今んとこダントツでケミカル兄弟。Setting Sun, The Private Psychedelic Reel あたり、かなりキモチイイ。ポイントは疾走感だね。疾走感のある曲募集。
20080318

トランペット吹きの休日

トランペット吹きの休日という曲がある。アンダーソンの、運動会でかかってるアレ。あの曲は、トランペット吹きの休日といいながら、トランペットはめちゃめちゃ速くめまぐるしく奏でられる。聞くところによると、かなり難しいらしい。全然「休日」じゃないかないか。と、幼少のわたしは毒づいていたものだ。

だけどトランペット吹きはトランペット吹いて生計立てるくらいだから、きっとトランペットが好きなんだろう。だから休日でもトランペット吹きたくなって、陽気にトランペット吹いてるんだろう。

幼少のわたしの負けである。

チャイコ・ショスタコ・ドストエフスキー

今日は ICC に行こうとおもってたんだけど、突然電話がきて急遽サントリーホールへ。チャイコとショスタコ聴いてきた。

ヒルズまでてくてく歩いてお茶して実家へ帰る。家にドラムセットが置いてあり、ビビる。ちょっと叩いてみたけど、わたしはドラムの才覚はないようだ。

実家のピアノは相変わらず調律していなくて音が変。ごはんたべてN響アワーみてドストエフスキーみてる。急に実家に帰ってきてしまったのでネコ助が心配。

1...34567...8