タグ別アーカイブ: 栃木

那須高原にて

2010102411484600-IMG_0577.JPG
人間には、やらなければならないネタというものがある。(サルトル)
つーわけで、東京に帰る道すがらやってきたのはとある温泉旅館。
でも日帰り入浴は15時からなんだってさ。。。
いいよいいよ、ここはいずれちゃんと泊まりに来るから。

ちんまり隊がゆく 〜 渡良瀬遊水地

梅雨入り前の最後のあがきとでも言わんばかりに、真夏のような太陽の日差しが容赦なく肌に突き刺さる。今回の我々ちんまり隊の遠足は、過去に類を見ないほどに過酷なものとなった。

DSC_7490東武日光線板倉東洋大前駅からレンタサイクルを借りて、渡良瀬遊水地を自転車でめぐる。はじめのうちは緑の中を軽快に走り、広大な敷地も自転車ならば余裕で巡れるのではないかという気がした。

DSC_7564しかし、真夏のような暑さにくわえ木陰などがほとんどなく、想像以上に体力を奪われる。朝浅草駅で買ったペットボトルの中身はあっという間に減っていく。

R0024867やっとの思いで木陰を見つけ、ただの道端であるそこにレジャーシートを広げ、早起きして作ったおにぎりを頬張る。せっかく竹の皮に包んでみたものの、なんだか画的にハマらず写真も上手く撮れなかった。だけど外で食べるおにぎりはひときわおいしく感じる。木陰は涼しく風も気持ちいい。桑の実を採る人々が時折通る。

昼食をすませ、このままでは干涸びてしまうと判断し、ぐるっと回って県道に出て道の駅を目指すことにする。そこでならきっと休めるはずだ。残り少なくなったペットボトルのお茶はあまりにも心許ない。しかし自販機もまったくみあたらず、命の水を少しずつ大切に飲みながら道の駅を目指すのであった。県道に出ると交通量が多く、車が我々を抜いて行くのがとても怖い。道の駅までの道のりは、本当に過酷なものだった。最後の坂を上りきった時、二人はもうとうに限界を超えていた。

道の駅きたかわべ。渡良瀬遊水地は栃木県・群馬県・埼玉県・茨木県の県境に位置し、今日も何度もこれらを行き来したものだが、ここは埼玉県になる。ここのフードコーナーのようなところに冷水機が置いてあり、それを発見するなり何杯もがぶがぶ飲んだ。身体の底から水分を欲していた。全身に染み渡るかのような、こんなにおいしい水がかつてあっただろうか。そしてシャビイを買う。これもまた、水分補給なのである。このシャビイもまた、大いに染み渡った。ありがとう、と、シャビイに感謝するほどに。

R0024921結局そのまま道の駅でぐだぐだ過ごし(ふたつめのアイスまで食べ)、レンタサイクルを返却する時間になってしまったのでそこで返却。その後は徒歩での移動になる。日が傾き始め、だんだん涼しくなっていったので、少しずつ体力が回復してきた。夕日を拝み、そして日没。「またきてね」の看板に苦笑いしつつ、渡良瀬遊水地を後にするのであった。

とにかくあまりにも広大すぎ、また晴れを狙って来たとはいえその日差しが厳しすぎた本日。かなり過酷ではあったものの、これもまた思い出深い遠足の1日となったのであった。夏はもうちょっとごめんというかんじではあるが、冬や早朝なんかにはまた来てみたいなとおもった。

納車ついでのプレ走行 〜 猪苗代・会津

はいどうもこんばんはエンブレ娘です。特技はもちろんエンジンブレーキです。エンブレの何が悪い! バカにしやがって!!

さて、10年ぶりに見事バイク復活を遂げたヒラ部員1号氏が SR400 を購入。週末、納車のその足で福島までいってきたのでざっくり記録しとく。
20080617

6/14(土) 東京 – 郡山 – 喜多方 – 会津若松

国道4号をひたすら北上。埼玉県あたり混んでて思いのほか時間くってしまう。大型トラック多し。お昼ごろ郡山到着。わたしが喜多方ラーメン喜多方ラーメンうるさいので、さらに走って喜多方へ。ラーメン食べた。満足。喜多方は蔵のまちだそうなんだけど、いきたかったとこにうまくたどり着けずあきらめて会津若松へ移動。

DSC_1865鶴ヶ城(若松城)。晴れ男パワーの恩恵を大いに享受し、きれいに撮れたよいぇーい。時間が遅かったので天守閣はのぼれなかったようぇーん。

日の暮れきる前に急いで猪苗代へ戻る。夕日の猪苗代湖撮るんだもん。猪苗代湖を一周する県道376号湖南湊線はすんごい景色がいい。峠道もあって楽しいし、他の車もぜんぜんいなくて快走。

R0022432んで日没。適当にバイクとめて撮る。ホントはバイクのシルエット入れたいんだけど、オンロード車じゃ無理>< 日の暮れる前からかなり寒かったんだけど、日が落ちたら極寒。途中ダートになってしまい、日も沈んで真っ暗で怖すぎるので国道へ戻る。後で地図見たらもうちょいがんばって走ればよかったんだなあこれ。すんげー遠回りしちゃった :p 郡山で一泊。

6/15(日) 郡山 – 猪苗代 – 会津 – 龍王峡 – 東京

DSC_2032昨日通った道を再び行く。今日もいいお天気。猪苗代湖のカッポーと白鳥。

DSC_2140会津に入ったあたりででっかい観音さまが見えたので、ちょっと寄ってみっか、と行ってみた。会津村というとこだった。写真は会津鯉(笑)。思いのほか長居してしまい、お昼になってしまった。先を急ぐよ! 国道49号から118号そして121号へ。

R0022500とある信号のある急カーブ、コリャー楽しいぞーとばかりに突っ込んでったら黄色。躊躇しなければイケるとこだったけど、前の車がノロノロやっていたため私の前を走っていた友人は停止判断。慌ててブレーキかけたもんだから、キィィーー!!!
後輪ロックしてました。
なまら怖かったよ!
いつも思うけど、ポンピングブレーキってほんとに大事ね。何度となく命つないでますわ。

続けて国道121号を南下。走ってるときみえた五十里湖、すんごいきれいだったんだけど道の駅でとまってみたら撮りようがない。しかたなくごはんを食べて龍王峡へ向かう。

DSC_2291龍王峡、ここはハイキングコースなので1日がかりの場所。あっちも撮りたいこっちも撮りたいな欲張りはだめなのです。ヘロヘロになった。筋肉痛になった。ここは紅葉の名所らしい。秋にリベンジですな。

R0022511鬼怒川で温泉入っていきたいーとかいってたんだけど、結局スルー。よく考えてみるとそのあとバイク乗るんだから、入らなくてよかったねと。遅くなってしまったので高速に乗る。日光宇都宮道路から東北自動車道、写真は浦和料金所、外環入って草加で下りて4号。高速乗るとえらい早いね。20時頃帰宅。お疲れ様でした。


やっぱバイク同士だとたのしいなー。よきツーリング仲間ができてうれしいぞー。とにかく天気がよくて写真のうつりがいいのなんのって。お空が青いって大事。晴れ男に感謝。

写真:Fukushima – Tochigi Trip Jun2008 – a set on Flickr
総走行距離:750km [Map]