タグ別アーカイブ: 家族

おばーちゃん

今、母方の祖母が家に来ている。祖母は、わりと重度の認知症(と今はいうらしい)で、早い話がぼけちゃってて、私のことも誰だかわかってません。母(つまり自分の娘)のことさえわかってない時もあります。同じこと何度も何度も聞くし、言うし、もうそういうのってしょうがないんだけど、正直鬱陶しく思ちゃったりして、そんな自分に対して自己嫌悪になったりする。

でも、なんか今回はイライラしない。なんか、おばあちゃん子供みたいにってる。表情が子供みたいに無邪気になってる。子供に返るっていうけど、そうなのかもなぁ。と、おもった。そんで、子供がかわいいのって生きるための術だって話をどこかで聞いたことがあるんだけど、すごく納得したのを思い出した。

おじいちゃんに会ってきた

昨日から今日にかけて、おじいちゃんち行ってきました。

おじいちゃんベッドに寝てたんですけど、普通に寝ているみたいで、いつも行くときと変わらなくて、ほんとに死んでるのか疑わしく思ったくらいでした。でもおじいちゃんの顔に触れてみると、ものすごく冷たくて、その手で自分の顔を触ってみると当たり前に温かくて、命の灯の消えた人間て、こんなに冷たいんだって思いました。

おじいちゃんの、そして人の「死」ってものを目の当たりにして、言葉では言い表しがたい不思議な感情が渦巻いて、そして目頭が熱くなるのに抗う事はできませんでした。これが哀しいってことなんだなって。でも何かこう、必ず誰もが通るべき門というか、経験というか、そういった人としてすごく大切な何かを、得たような気がします。

おじいちゃんは最期、とても穏やかに逝くことができたそうです。日が沈むように、雨がやむように、それはそれは自然に穏やかに。おばあちゃんひとりに見守られて。それがいちばん幸せだったかなって思います。

コメントくださったみなさんありがとうございます。くれないで何か思ってくれた方もありがとうございます。哀しいけど、そんなに沈んでるわけでもないです。おばあちゃんも元気そうだったし。もちろん表に出すまいとしてるんだろうけども。みんな、哀しいけどもどんよりするでもなく、なんかいいかんじです。おじいちゃんも喜んでると思います。

ひどく個人的な事ですいません

でも書こうと思います。

おじいちゃんが亡くなりました。今日の夕方、横浜の自宅で。3月で89歳になるというところでした。

うちの父は長男です。それで、今日の朝、おばあちゃんから電話がありました。おじいちゃんが、食欲なくて、なんかいつもと違うって。なんかもうやばいかもって。食欲ないってだけなのに、きっとおばあちゃんは直感的に何かを感じたんでしょう。

それでうちの親も、おじいちゃん株やってるのでそれとか預金とか早めにいろいろ対処しないとって言ってたんですね。で、そのまま今日の夕方に。

ここまで近しい身内が亡くなるの、初めてです。正直、実感がわきません。でも確かに亡くなったって事実はあるわけで、不思議な気持ちです。

そういえば今バイトから帰ってきて、妹におじいちゃん亡くなったんだって聞いて、こんな時間なのに家に妹以外誰もいないし、変だなとは思ったんだけど。

うーんなんかまとまらない。明々後日にお通夜。おじいちゃんの顔を見たら、また違う感情が沸き起こるのかも。

今、ひとりになってしまったおばあちゃんが心配です。

あらま

えっと…そういやバレンタインデーだったのですね…。なんてゆーか、久しく無関係な行事だもんで存在を忘れていたりいなかったり。

てかはあちゅうさんてすごいっすね。なんなのこの行動力はw いやあ、もう、すごいっすね。ほんとにまったく。

まあこんなかわいらしいお嬢さんでも彼氏いないんだから、私が今日、バレンタインデーとかゆう日なのに、父上の知り合いのおじ(い)さんとちょっと高級っぽい中華のお店で食べ過ぎて苦しすぎて吐きそうになって、そんでもって電車乗って寝てたら山手線一周しちゃって、その上東上線でも寝過ごしたとかでも別にいいよね。

てか母上の誕生日なのよ2月14日ってさ。
おめでとう母上。日付的に昨日だけど。

走り屋のマニュアル車

弟は大学の自動車部に所属しています。で、部車の古くなって廃車になろうかという車をタダでもらってきました。
20050203-1
この車、すんげーオンボロ。ま、廃車になるはずだったんだからそらそーなんだけど。でも私こんなん見たことないんですけど。
20050203-2
どうなんすかこれ。後部座席、なんかないし。変なものいろいろ露出してるし。
20050203-3
こんなんでも車検とおるんですねぇ…いやはや。
20050203-4
この車で駅まで送ってもらったのですが、たった5分かそこら乗っただけで酔いそうになりました。がったんこがったんこいうし、乗り心地めちゃ悪いし、なんかもーなんなの。
でも、彼曰く、

「これがいいんじゃん。自分で走ってるってかんじで。やっぱマニュアルだよなー。オートマなんて意味ないじゃん。乗り心地いい車って自分で走ってる感じがしなくてつまんねー」

だそうです。
そんでもって、「峠行きてぇー」だそうです。

The Struggle For Existence

うがーーーー
私のケーキを誰かに食べられた!!

おいしそうなモンブランだったのにー!まったくこれだから家族の多い家は…ヽ(`Д´)ノ いいよいいよ。もうすぐ私の誕生日だもん。そん時ゃたらふく食べてやるさ。いちごのミルフィユ♡

生存競争なのよ、昔っから。兄弟4人もいるとね。いっつも食べ物のことでケンカ。未だにそうだよね。4人兄弟のうち3人が成人だってゆーのに!!

まったくもって子供じみた家族です。でもそんなうちのみなさん、けっこうすきです。でもやっぱもうちょっと大人になろうね。私を含めw