タグ別アーカイブ: 北海道

帯広にて

2013081121220400-IMG_6588.JPG
朝は雨スタートとなったものの、美幌峠を超えたところで久しぶりに太陽と青空にお目にかかり、カッパ規制が解除になったのも束の間、十勝地方に竜巻警報と聞いてビビり、すぐ近くまで来ていた雨雲から逃れ、なんとか無事に本日の行程終了。今回は道東メインなんだけど、その間ずっと雨だったわけで、すでにいろいろリベンジしたくなってる。

川湯にて

2013081021252100-IMG_6573.JPG
硫黄山の麓、川湯温泉。
今日も雨に打たれたので温泉でゆっくり温まる。
苦行続きだけど、ずっと来たかったところを巡って大満足。
写真は北海道といえばのセイコーマート。お世話になります。

北へ #005 雨ニハ負ケタ

8/16(土) 札幌 – 小樽港 – 新潟港 73.5km [Map]

4:30起床。5:00出発。起床と出発だけは予定通りに行く我々ヒラ部員軍団。早起きして昨日行けなかった札幌をまわる。

DSC_3797まずはどうでしょう軍団の本拠地 HTB。onちゃんおった。

DSC_3807そしてリンゴ人たちが銀座などに巡礼するのと同様、どうでしょう人たちは平岸高台公園へ巡礼するのだ。どうでしょうの聖地ですね。思いのほか小さな公園。朝早いこともあって人はおらず、静かなところだった。

HTB を去る頃、雨がパラつきはじめた。しかし空は明るいし、前日晴れの予報が出ていたのでだいじょうぶだろうと、カメラを懐に入れてそれとなく雨を防いでそのままの装備で走り出す。これが大きな間違いになるということに、我々はまだ気づいていなかった。

DSC_3814ここまでは若干押しながらもわりと予定通りに進んできたものの、だんだん狂い始める。がっかり名所として名高い時計台もまあいちおうおさえとくかってんで探すも、どうにも見つからない。素で通り過ぎてた。

これによりだいぶ時間が押してしまい、リンゴ屋は断念。まあこの時間は開いてないし、アップルストアなら銀座行きゃいいんだけど、その土地のリンゴマークを拝むというのは信者的に重要ですからね。今回は残念。

さてバイクは札幌市の中心部からすこしはずれたところに向かう。目指すは札幌市中央卸売市場。ここの場外市場で海産物などのお土産を買って行こうじゃないかという魂胆である。

ところがこの市場がちっともわからない。雨が降ったりやんだりのあやしい空の下、地図を片手に右往左往。地図上では単純な道のりなのだ。でも、なんだか知らないけどたどり着けない。地元の人に聞いても、どうやって説明すればいいんだろう? と、むずかしい顔をする。昨日もそうだったが、とにかく札幌は道が単純なのに難しい。

R0023870半ば諦めて小樽に向かおうと走り出したそのとき、突如目の前に中央卸売市場の看板が現れた。なんなんだいったい。

ともあれよかった。しばし市場内をウロついて、実家に毛ガニを送った。

さああとは小樽を目指すのみ。ここですでに8:30を過ぎている。時間的に、もう小樽の街をうろつくことはできないだろう。とにかくフェリーターミナルへたどり着かななければ。空は曇ってはいるものの、すぐそこの空はもう明るい。だいじょうぶだろう、雨装備する時間もないので、そのまま出発した。

ところがだんだん雲行きが怪しくなってくる。すぐやむだろう、すぐやむだろうとおもっているうちに本降りになる。すぐそこで雲が切れて青空が見えているのに雨。こんなにもどかしいことはない。ある程度濡れてしまうとなんかもうどうでもよくなり、今更カッパ着るのも時間もったいないしじき小樽着くし、というかんじで結局カッパなしで雨の中走行。30分程度の小樽港への道のりはこの旅1,2を争う辛い道のりだった。

R0023871小樽港に到着した頃には身も心もズブ濡れといった風情で、もう乗船が始まっているバイクの列に並ぶ我々だった。カメラもレンズもなんとか無事だったのがせめてもの救い。あ、すすむ氏のは若干おかしくなってたんだっけ・・・。こうして我々ヒラ部員軍団は北海道を後にしたのだった。

DSC_3839船に乗るや、これでもかというくらいの快晴。北海道でこの青空を見たかった。青空の下、走りたかった。恨むべくは我が恐るべき雨女パワー。そしてその雨女パワーは、まだまだ衰えを見せることはなかったのである。

北へ #000 前日入り
北へ #001 湯沢 – 新潟港 – 小樽港
北へ #002 小樽港 – 富良野 – 美瑛 – 旭川
北へ #003 旭川 – 糠平 – 弟子屈 – 旭川
北へ #004 旭川 – 札幌
北へ #006 新潟港 – 湯沢 – 猿ヶ京温泉 – 東京
北へ #007 エピローグ

北へ #004 雨ニモマケズ

8/15(金) 旭川 – 札幌 155.4km [Map]

8時すぎ、起床。外は今日も曇り空。9時に SAQLA さんと待ち合わせ、駐車場からバイクを出し(これにえらい時間かかった)、ちょっとしたものの調達のために 100円ショップを探したりしているうちに SAQLA さんちに戻り、雨がやばそうなので荷物だけ雨装備したり記念撮影したりしているうちに10時をまわる。札幌まではすぐだし、とか余裕かましていたら押し始めてしまった。まあいいか。

旭川を出発し、途中まで SAQLA さんが見送りがてら先導してくれる。国道12号に入ったあたりでえらい渋滞しはじめる。ところどころ流れたり、また止まったりの繰り返し。おいおいまさか札幌までこの調子じゃないだろうな・・・。

DSC_6361道の駅ライスランドふかがわで休憩。しゃけとイクラの巨大おにぎりを食らう。わたしイクラ嫌いなんだけど、これはとてもおいしい。かなりデカいおにぎりで、出てきたときおいおいこれ食べきれるかぁー?なんて思ったけど、ペロっと食べてしまった。例によって写真撮り損ねたので SAQLA さんのを拝借。

DVC00020朝ごはんとも昼ごはんともつかない食事を終え、雨が降り始めていたのでカッパを着て出発。ここでまる2日間えらいお世話になった旭川のヒゲの方とはお別れ。本当にありがとうございました。

さて札幌を目指す。道が混んでいるが、前を行く1号氏は私を慮ってかあまりすり抜けはしない。途中釧路ナンバーのハーレー二人組と混ざって4人のツーリングみたいになってておもしろかった。のんびり走る中、雨脚は強まっていく。

でようやく札幌到着。とはいえこの札幌に入ってからが大変で、ホテル探すのにえらい難儀した。何度も地図を広げて確認するのだが、どうにもたどり着けない。ツーリングマップルもプリントしてきた詳細地図もそして SAQLA さんが作ってくださった地図も、雨に濡れてボロボロになってしまった。警備のお兄ちゃんやら赤いカブの郵便屋さんにも道を聞いてみるも、その説明を聞いてもよくわからない。なんとかホテルにたどり着いた頃にはずぶ濡れで疲れきっていた。

ホテルにはコインランドラリーがあったので(しかも部屋の真ん前。ホテルの人の計らいだろうか。笑)、濡れた服やら靴やらを乾かす。身体も冷えきってしまったのでシャワーを浴び、しばし部屋で休憩。なんとか回復した頃、雨もだいぶ弱まって傘がなくても出られるくらいになっていた。もう日は暮れ始める時間だ。GRD だけ持って出かけることに。

R0023796とりあえず大通り公園をぶらぶら。ビアガーデンが出ているが、この寒いのに雨の中ビールなんぞ飲む気にもならず、スルー。テレビ塔にのぼって大通公園を見下ろす。日はすっかり暮れ、札幌の街は夜景へと姿を変える。

テレビ塔を下りて、こんどは地下街をぶらぶら、HTB ショップへ。しかしお目当てのグッズがなかったらしく、ショボンとする1号氏。ヘルメットに貼るべく小さいステッカーを買ってみた。わたしのヘルメット、初心者マーク、リンゴ(半分)、水曜どうでしょう、てなぐあいでだんだんイタいかんじになってきた。次は何を貼ってやろうか。

なんだかんだでいい時間になってしまったので、その他の札幌は翌朝にがんばってめぐろうということで、とにかくごはんを食べに行く。カニだカニー! ってんですすきののお店へ。

R002382140分くらい待つようだったので、近くにみえた観覧車に行ってみることに。近いはずなのになんか見つからないとおもったら、道はさんですぐ隣のビルの上にあった。ばちこん撮ってやった。

R0023863そしてたらふくカニをカッ食らう。ウマカッタ。茶碗蒸しも食べられて満足。鉄砲汁はえらい味噌味が濃い。それが札幌だそうだ。

そういえばお昼札幌ラーメン食べたかったのにすっかり忘れてた。なんだか北海道に来たというのにマトモなものを食べたのはこの最後の夜だけだった気もする・・・。

タクシーでホテルに戻り、作戦会議。朝早く起きて札幌で残したところをまわり、小樽へ移動して小樽をぶらぶらしよう。明日は晴れの予報だ。

北へ #000 前日入り
北へ #001 湯沢 – 新潟港 – 小樽港
北へ #002 小樽港 – 富良野 – 美瑛 – 旭川
北へ #003 旭川 – 糠平 – 弟子屈 – 旭川
北へ #005 札幌 – 小樽港 – 新潟港
北へ #006 新潟港 – 湯沢 – 猿ヶ京温泉 – 東京
北へ #007 エピローグ

北へ #003 道東ドライブ

8/14(木) 旭川 – 糠平 – 弟子屈 – 旭川 [Map]

SAQLA さんが車出してくださるということで、ケツの肉が剥がれ落ちそうな1号氏を慮って車移動の日。バイクで走りたいのは山々だけどそこはきっちり空気読む。天気も怪しいしね。朝8時に待ち合わせてホテルを出発。道東を目指す。今日も曇り。雨はなんとか降らないでくれるといいのだが。

まずは我々のたっての希望で糠平のタウシュベツ橋梁へ。糠平国道あたりは熊が出るそうで、旭川の方は怖がっておられたが、なんも知らん我々は無理矢理連れて行かせる(笑)。夜になるとほんとにヤバいらしいので、国道 39号から 273号へ入り、下から回って道東を目指すルートを取ることにする。

DSC_3537DSC_3538

向かう途中、層雲峡で流星・銀河の滝に立ち寄る。約90mの落差を荒々しく流れ落ちる男性的な「流星の滝」と、 表情豊かなラインで流れ落ちる女性的な「銀河の滝」。並んだ対照的なふたつの滝は、夫婦滝とも言われるそうだ。

R0023651大雪ダムのところで273号へ入る。そのまま山の中の糠平国道を南下し、国道から分岐したダートへ。このダート、モロオンロードのわたしのホーネットではキビしかった。というかわたしジャリが全然ダメでそこらへんの駐車場すら難儀するくらいなので、ここ走れなかったと思う。オンロード車でバリバリ走ってるライダーいっぱいいたけど、私は無理だ・・・。車でよかった。4km そこそこのダートだけど、えらい長く感じた。

DSC_3576そしてやってきたタウシュベツ橋梁。まるで古代ローマの遺跡のようだ。北海道遺産に指定されているらしい。奥まったところにあるとはいえ、観光客もわりと多い。空が曇っているのが残念だったけど、それでもスゴい。

撮り始めると夢中になっちゃって時間を忘れる我々。若干押し始めている。この時点で既に11:30。ということで先を急ぐ。273号から 241号へ入り、足寄へ。

DSC_6102足寄湖の道の駅でお昼ごはんを食べることに。ところがこのレストラン「メイプル」がヤバかった。どうヤバいって、遅い。注文してから待てど暮らせど出てこない。厨房でおばちゃん数人がやっているのが見えるのだが、作る人も運ぶ人も連携がとれておらず、恐ろしく手際がわるい。ああいうのは司令塔になるような人(鴨川ホルモーでいうところの凡ちゃんですな)がいないとだめなんだよなあなんてことをぼんやり考える。カレーなんてごはんよそってかけるだけじゃネーのかよ! とか毒づきながら、結局注文してからおよそ 40分後、ようやく出てきたのだった。カレーは、ごく普通のカレーだった。

さてすっかり押してしまったところでお次は阿寒湖へ。241号をひた走る。車が。阿寒湖はいかにも観光地といったかんじで開けており、アイヌなかんじのお土産やさんなんかも軒を連ねていた。まりもー! とか言ってたけどまりものとこまで行く時間はなく、ほどほどに遊んで弟子屈へ向かう。

DSC_3668弟子屈へ向かう途中、コロコロを発見。牧草ロールね。すすむ氏はこれを撮りたくて北海道に来たと言っても過言ではない。たぶん。ということで車を止め、しばし撮る。ここ入ってっていいのか?って場所だったけど。この辺りはもう虫がすごくて、車にぼんぼこ虫が当たる。バイクだとどうなっていたんだろう。全身虫まみれだろうか。

さて弟子屈。まずは摩周湖へ。摩周市街地を抜けて 243号に入り、すぐに道道 52号へ。この道、覚えている。6年前、摩周湖 YH から摩周湖まで約 6km の道のりを、歩いて行ったのだ。あの時も天気はイマイチで、空には重たい雲がかかっていた。だけど摩周湖は霧が出ておらず、湖面がきれいに見えたのだった。あの時と同じような天気。なんとなく、今回も霧の摩周湖の湖面が見えるような予感がした。で、見えた。はい、またさらに婚期遅れましたよと。まあもうどうでもいいけどさ。

R0023689摩周ブルーソフトも押さえました。すすむさんが。ひとくちいただきましたが、ぶっちゃけマズかった。何の味ですかコレ?w

摩周湖を後にし、屈斜路湖へ向かう。途中の道は霧が出てきて急に視界が悪くなる。すぐ先がもう見えない。硫黄山は硫黄のにおいがぷんぷん。そして日は暮れ始め、空はだんだんいい色になってくる。

DSC_3773屈斜路湖のあたりで日が暮れる。ちょうど雲が切れ、きれいな夕日がみえた。

そして美幌峠へ。もうすっかり日が落ちてしまって、景色がきれいなんだけどどんどん暗くなっていってぜんぜん見えなくなってしまった。ここはバイクで走りたかったな。

その後は 243号から 39号へ入り、ひたすら旭川を目指す。寝不足もあって、550km もの距離を運転してくださってる SAQLA さんの隣で途中ところどころうつらうつら。どうもスンマセン。バイクだったら死んでるところだ。で 23時前に旭川到着。長距離ホントにおつかれさまでした&ありがとうございました。多謝。SAQLA さんの車はダートの砂埃と激突した虫たちで、ずいぶんとかわいそうなことになっていた・・・。雨はときどきパラついたものの大方曇り、行く先々では晴れ間も見えた本日。晴れ男パワーに感謝なのであった。

距離的にいちばん過酷な1日を終え、同じホテルで旭川 2泊め。札幌まではすぐだし、明日はすこしゆっくりめの出発にしよう。

北へ #000 前日入り
北へ #001 湯沢 – 新潟港 – 小樽港
北へ #002 小樽港 – 富良野 – 美瑛 – 旭川
北へ #004 旭川 – 札幌
北へ #005 札幌 – 小樽港 – 新潟港
北へ #006 新潟港 – 湯沢 – 猿ヶ京温泉 – 東京
北へ #007 エピローグ

北へ #002 7,8年越しの出会い

8/13(水) 小樽港 – 富良野・美瑛 – 旭川 288.7km [Map]

3:30 にむっくり起きだし、下船の準備を整える。そして明るくなってきた空を見るべく外に出てがっくり。昨日あんなにも青く晴れ渡っていた空が、どんよりと重たい雲で覆われていた。4:30 に小樽港に到着するも、下船まではすこし時間がかかる。5時を過ぎた頃、いまにも降り出しそうな空の小樽港に降り立ち、北の国の肌寒さを感じる。フリースを着こんで、ひとまず国道5号にのって札幌方面へと走り出す。いよいよ北海道だ。

朝早いし特に何もないのでそのまま走り続ける。止まるとそうでもないが、走り出すとやはり寒い。薄い上着+フリースの上にカッパを着て早くも防寒フル装備。だいじょぶだろうか。5号から 274号に入り、夕張で 452号へ。どんどん走る。

R0010533北海道を走っていると、対向のライダーと挨拶を交わす。中には大きくぶんぶん手を振ってくれるライダーも(笑)。バイクで北海道走ってる、ってだけでなんとなく仲間意識なのが楽しい。バスの運転手さん同士が交わす挨拶、登山の人とかあとトラックの運ちゃんもするらしいけど、なんかいいなあって思ってたのを体現できてちょっとうれしかった。我々の分析では、レーサータイプのバイクに乗ってる人たちがいちばん愛想がいい、という結論に至った (笑)。

タンク容量の少ない SR のガソリンを気にしつつ、お昼頃に富良野に到着。空を覆っていた雲が切れ、晴れ間がのぞく。晴れ男バンザイ。さっきまで震えんばかりの寒さだったのに、日が差すと流石に暑い。でも日陰に入ると涼しい。これぞ北海道。

R0023515すすむ氏の SR がガス欠になったので、予備のタンクから給油。そこで SR の後輪ブレーキのネジが外れていることに気づき、あわてて近くのホームセンターに駆け込む。駐輪場で会ったライダーのおっちゃん曰く、旅のお供にホーマックだそうだ。部品などを調達し、ちゃちゃっと修理している最中、すすむ氏の7,8年越しの遠距離恋愛のお相手から電話。今回えらいお世話になる旭川のヒゲのお方だ。すこし話していまからソッチいきますよ! といってひとまず電話を切る。

R0023524まず向かったのは黒板五郎さんち。拾ってきた家。・・・と来てはみたものの、わたくし「北の国から」を観たことがありませんで、「ごろーさんてどれ?」とかトボけたことを言ってる始末。携帯を捨てられちゃうんだーとか隣で言ってるのを聞いているんだかいないんだか。昭和な雰囲気がステキングなおうちだった。虫が飛んでた。

ごろーさんちを出ようとしたとき、ヒゲの方がいまから美瑛へ来るというメール。そこで我々は富良野を後にし、SAQLA さんの待つ黄色いレストランへ向かう。

7,8年越しの遠距離恋愛を実らせついに出会ったおふたり。その感慨もひとしおであることだろう。そこに居合わせるわたくし。で、なんだかモジモジする3人なのであった(笑)。

R0023551感動の出会いもそこそこに、SAQLA さん先導のもと上富良野のかんのファームへ行ってみる。

1号氏と私は D80、ヒゲの人は D200 使いなので、3人揃って Nikon 友の会。レンズ借りたりしてハシャぐおっさんとちっさいおばさん。ハシャいでたわりに写真はヘボばっかだったのでじゃがいもの写真をお届け。かなりウマカッタ。

R0023567続いて美瑛のほうへ向かう。観光スポットへも行ってみたけど写真はヘボなので割愛ということでひとつ。そんなんばっかだな私。

で、ラベンダーソフトを(お二方が)きっちり押さえます。わたしソフトクリーム苦手なのでね。エヘ。

そして旭川へ。常盤公園あたりでぶらぶら。公園の売店のオッサンにつかまったりしつつ、撮ってみたり、コーヒーすすってみたり。旭橋が工事中だったのが残念。

DSC_3449旭川でなんとはなしに自分のブログを見てみてびっくり。昨日今日と、ちゃんと携帯電話から更新したはずなのに反映されていない。ああああこの1年半ほど毎日更新してたのに途切れた途切れたああああいや飲んだくれてて日付越えちゃったとかも実は何度かあったんだけどでもこんなまる2日更新してないのはごまかしきかん。半分泣きそうになりながら、ああもういっそブログなんぞやめようかそうしようかいいやもうやめちまえぜんぶ消してしまえー!ぐらいおもったけどとりあえずおもいとどまり、そうだよほんとはちゃんと更新してたんだからこれは不慮の事故だそうだそうだ私に非はないもん!ということで SAQLA さんちにお邪魔させていただいたので、パソコン貸してもらって偽装工作しましたとさ。てへ。

さてここで今回の北海道のメインイベント。旭川に何をしに来たって、髪を切りにきたのだ。いやホントホント。SAQLA さんの相方さんが美容師さんということで、切っていただけるとのこと。イヤッホ! 10ヶ月近く放置したかいがあったってもんよ。

DSC_0268髪を切られている間、ひたすらシャッター音の嵐。Nikon のおっさんふたりに撮りまくられる。苦笑いしかできないわたくし。やっぱり撮られるというのはどうにも苦手だ。お二方、いいモデルになれんくてスンマセン。

髪を切ってもらってさっぱりしたあと、4人で近くの居酒屋に飲みに行く。そこで何が起こったかは・・・まあ、あの場にいた4人のみぞ知る、ということで(笑)。でもまあこれもまた楽しい思い出じゃないでしょうかね。

DSC_5942とりあえずお店のおねーちゃんがカワイくてとっても優しくて、すすむ氏は完全に恋をしてしまったようで、帰るときまでてけてけのおねーちゃん積んで帰りたいって言っていたとかいないとか。

説教されてしょぼくれるヒラ部員s→

そんなこんなで北海道第1日目の夜は更けていったのだった。

北へ #000 前日入り
北へ #001 湯沢 – 新潟港 – 小樽港
北へ #003 旭川 – 糠平 – 弟子屈 – 旭川
北へ #004 旭川 – 札幌
北へ #005 札幌 – 小樽港 – 新潟港
北へ #006 新潟港 – 湯沢 – 猿ヶ京温泉 – 東京
北へ #007 エピローグ