月別アーカイブ: 2012年6月

ボストン美術館 日本美術の至宝

R0019659
朝も早よから東京国立博物館へ、今日が最終日のボストン美術館 日本美術の至宝展である。3ヶ月もやっていたのに、なんだって最終日。開館30分前だというのにすでに大行列。ちょっとげんなりしつつ、1年で最も紫外線の強い時期の日差しを浴びながら並ぶ。平成館の前では「東博」の文字の入った日傘を貸し出していた。iPhone 4 の予約で銀座のアップルストアに並んだ日のことをふと思い出した。

ボストン美術館に収蔵される日本の美術品の中から厳選された約90点を展示。仏画・仏像にはじまり2つの絵巻、狩野派や長谷川派、曾我派の屏風絵、琳派、そして若冲ともりだくさんな内容。さらに染織や刀剣の展示もあって、いろんな日本美術を一度に見られるかんじでなかなかに面白かった。刀剣ってすごい存在感あるな。光琳の「松島図屏風」はあのパターン化された水の描写といい色彩といいなんかスゴかった。蕭白の「商山四皓図屏風」はダイナミックな筆の動きがすごい迫力。宗達派の「芥子図屏風」もかわいかったけど、今回のマイベストは「水禽・竹雀図」の竹雀のほうかな。竹に雀の構図がよろしく、とてもかわいい。雀ふわふわ。

久しぶりの美術館だったけど、とにかく人が多くてなんかひどく疲れた。。

鳥越祭り

R0019651地元民(気取りw)としては最後になるであろう、今年の鳥越祭り。その鳥越祭りをちんまり隊で迎えることができるとは、わたしは本当に嬉しい。先日の記事に片割れからコメントをいただき、じゃじゃじゃあ、鳥越祭りあるからそんとき蔵前散歩しようよ! とあいなったわけである。

しかしながら、今日は朝からじゃじゃ降りの雨。散歩もままならず、鳥越祭りもさすがに例年ほどの活気がなく、ちょっとしょぼん。あまりに雨がひどいので、鳥越神社にお参りして屋台で大阪焼きを食べたあとは我が家でお茶して過ごした。でも、それはそれでいろいろ話ができてよかったな。

夕方、それぞれの旦那が加わり4人でカムジャタン。相変わらずおいしいー。あーもうまた食べたい。んでルノアールでまったり。ルノアール久しぶりだったけど、やっぱりあのまったり具合がいいなぁ。ずいぶん長居したけど、店を出てまだ雨は降っていた。明日は止むかなぁ。

AutoCAD WS

AutoCAD WS
思い込みってのは恐ろしいもので、CAD ソフトばかりは Windows に頼らなければならないと思っていた。そしたらアナタ、AutoCAD WS なるものがあって、Mac はおろか iPhone や iPad にまで対応していた。全然知らなかったよ・・・。しかも無料って!まじですか Autodesk さん。通常版 50万くらいするんじゃなかったっけ?いやー、たまげたね。おったまげた。図面データ閲覧するとか、ちょっとした編集くらいなら全然イケる。すごい世の中になったもんだわ。ありがとうと言いたい。

怒ってない

路上教習って所内より断然いろいろ言われるわけで、指導員さんは怒ってるわけじゃないからって言うけど、なんかものすごく怒られてる気分になって、心が折れそうになる今日この頃です。

それにしても教習所の指導員て大変だよなぁ。。おもわず言っちゃったよ大変なお仕事ですね、って。そしたら、うん、慣れるよ。ってw だいたいやらかすミスのパターンって決まってるから、先回りして対処できるから、って。

なるほどねぇ経験だねぇ。

今日のネコ助さん

最近ネコ助さんがブログに登場しない、とのご指摘を受けたので。
DSC_2003
引っ越したらネコ助さんどうするの? とよく聞かれる。ネコ助は半分野良猫で、ウチのビルを中心にした一帯を縄張りにしているかんじなので、連れて行くことは不可能だとおもう。無理矢理連れて行こうものなら、発狂して俺は家に帰る!って飛び出して、行方不明になって終了、ってなるとおもう。間違いなく。なので、連れていくことはできない。でもまあ会社にも出入りしているから大丈夫かと。他所でもあちこちでエサもらってるみたいだし、わたしがいなくても彼は勝手に生きていく。

実はネコ助さんとの出会いも、わたしの人生に多大な影響を及ぼしている。共に寝起きすることはなくなっても、付かず離れずのいい関係でいられるとおもう。ネコという動物が好きになったのは、ネコ助さんと出会ったから。だけど、ウシ柄で顔に変なぶちが入っている、身体も態度もでかいふてぶてしいあのネコが、世のどのネコよりもかわいいとわたしはおもっている。

新小岩日記

今日から路上教習。公道には慣れてるしー、とおもってたんだけど・・・

怖い。ちょう怖い。二輪の感覚と全然ちがう。。怖いよー。。。今日は AT 車だったけど、それでもいっぱいいっぱい。MT 車で走れんのかな・・・大丈夫かなわたし。。。帰りのホネたん、すごくホッとした。四輪のつもりで!って走ってみても、やっぱ全然ちがうもんさー。仮免検定何度か落ちとけばよかったとかおもってる自分がいる。

あー怖い。怖いよぅ。

蛍光灯

ウチのビルのエレベーターホールの蛍光灯が切れ、ずいぶん長いこと(本当に長いこと!)放置されていたのだが、本日ようやく(本当にようやく!!)取り替えられた。たいへん喜ばしいことである。ああ、電気がつくって素晴らしい。

淀橋

アキバヨドバシでいろいろ下見
スピーカーほしいって言ったら怒られた
オーディオマニアの旦那欲しい
iMac ほしいって言ったら怒られた
リンゴユーザの旦那欲しい
※ただし高給取りに限る

まあ現実的には倹しく生活していくんだとおもいます
でもいろいろたのしみなかんじです
チョコモナカジャンボは半分こです

ビエネッタ ティラミス

R0019588
ビエネッタのティラミスがおいしくてねぇ。マスカルポーネアイスとコーヒーアイスは甘さ控えめでいいバランス、洋酒もきいて風味豊かなちょっぴり大人味。そこに薄く幾重にも重なったパリパリのチョコレートの食感がたまらん!

そもそもわたし、ティラミスって好きじゃなかった。だってティラミスってチーズじゃん。でもある時、友人宅で奥さん手作りのティラミスを出してくれて、さすがに手を付けないのも失礼かとおもって食べたわけ。そしたらびっくりトンでもなくおいしいじゃないの! マスカルポーネってじぇんじぇんチーズ臭くないのねー。

それ以来ティラミスが大好きになっちゃって、市販のでもいいんだけど、なにより妹が作ったティラミスがいちばん好き。おでんティラミスって名付けてるんだけど、決してこんにゃくとか大根とかちくわぶとかが入ってるティラミスではない。

で、ティラミスが好きになったらティラミス味ってのにも惹かれるようになっちゃって、このビエネッタもものの見事にハマってしまったとまあこういうわけ。チョコモナカジャンボと違って、しなしなになる心配がないから買いだめもできちゃう危険! 期間限定なんて言わずにレギュラー化してほしい。森永さんおねがい。

123