月別アーカイブ: 2011年2月

外で昼ごはんを食べた

今日は外で昼ごはんを食べた。
ウマカッタ。

・・・そんなこといちいち書くことかいな、とお思いですか? 否、わたしにとって平日のお昼を外食にするというのは、特筆すべきことなのである。

今月モロモロ大型の出費が重なったんだけど、それでももしこれできちんと予算内に収められたら、ごほうびに月末に外でお昼ごはんを食べようと決めていた。外ランチがごほうびだなんてなんてかわいそうなヤツなんだと思ったそこのアナタは、ぷちともにおいしいものを与える義務があります。よろぴこ。

てなわけで、久しぶりに近所の天ぷら屋へ。以前よくおやじに連れてってもらったんだけど、彼が亡くなってからはとんとご無沙汰だった。カウンタで揚げたての天ぷらをいただく。至福。おいしいことはシアワセなことだ。まったくもって。

すこし走る

予報ではイマイチの空模様だったはずなのに、カーテン越しに外の明るい光を感じる。窓の外をみれば、よく晴れている。ふわふわとあたたかくて、春みたいな陽気。すっかり寝坊してしまったけど、こんな日はやっぱりバイクに乗りたい。

午後から近所をふらっと走り回る。家を出て数百メートル走って、東京マラソンの交通規制に引っかかる。すこし回り道をしながら、海に出た。いつもの公園、久しぶりに行ったら工事だらけでずいぶんと雰囲気が変わってしまっていた。

飛んでいく飛行機をぼんやり眺めて、そしてふたたび走って帰ってくる。先ほど通行止めに合った道路も、もう通れるようになっていた。夜になると、急に気温が下がってずいぶん寒く感じられた。もうすぐ2月が終わる。

今度は、この3ケタ国道を走ってみたい。

今度は、この3ケタ国道を走ってみたい。誕生日にいただいたアマゾンギフト券で、本をどさっと購入(ちょうありがとう!)。で、その中のひとつ。友人に薦められていた、下野康史「今度は、この3ケタ国道を走ってみたい。」である。

わたしはツーリングの際、極力下道を使う。高速乗るとしても行きか帰りかどっちかだけ。もちろん貧乏だからというのも大きいんだけど、ただ目的地に移動するだけじゃつまんないとおもうのね。この本もまったく同じ趣旨で、電車でいうところの各駅停車の旅を楽しんでいる。

読んでいて、自分で気ままなツーリングを楽しんでるみたいな気分を味わえて楽しかった。R254 なんてのは、わたしにとって最も馴染み深い国道ですからね、描写されている風景がありありと浮かぶ。R246 はつまんねー、とか(笑)。関東圏以外でもけっこう走ったことのある国道が収録されていて、R249 のあの能登半島の海沿いの道の気持よさや、四国の与作こと R439 の過酷さを思い出したり。行ってみたいところも増えた。バイクの季節はもうすぐ。またあちこちツーリングいきたいな。

ところで国道つながりでこれもちょうほしくてずいぶん長いことウィッシュリストに入ってるんだけど、なんつーかこう、300円くらいにならんもんかのう(笑)。

Parallel

不人気写真に日の目を見させてあげましょうのコーナーです。
本日の1枚はこちら。スキー場で撮りました。
R0012492
この斜面のラインとリフトのケーブルが平行に走り、そこにポコポコとリフトが配置され、さらに1本の木がアクセントになっている。この絶妙なバランスたるや! なんでわかってもらえないかなぁ、このかんじ(笑)。

どうして?

ショパンのエチュード Op.10-12 「革命」。
この曲のラストのところ、以下のブーニンの演奏では 2:13 あたり
YouTube – Chopin Revolutionary Etude op 10 no 12

ここが、「どうして?」に聞こえるよね、ってレッスンのときにピアノの先生に言われて、それ以来「どうして?」にしか聞こえません。それも、ちょっと切なげな「どうして?」なのです。

どうして?
なんだか泣けてきます。

どうして・・・?

カタログギフト

先日の結婚式の引き出物はカタログギフトであった。これ、いいんだけど、悩ましすぎて非常に困る。

ちょうど欲しかったものに近いものがあったり、でもちょっとデザインが気に入らなかったり細かいスペックがわからなくて決めかねたり。先日買ったばかりの中華鍋もあったりして、ものすごく悔しい思いをしている。

中には乗馬体験だの着物の着付け教室だの料理教室だの陶芸教室だの日舞だのラフティングだのパラグライダーだのなんてものまでる。着付けとか乗馬とかちょっと心惹かれるけど1回こっきりじゃねえって気もするし。もう食べ物にでもしちゃおうかって気もするけど、それはそれで悩ましい。

いっそのことアマゾンギフト券とかにしてくれると本とか CD をごっそり買えてうれしいんだけど、そういうわけにもいかんのかね(笑)。

マップルコンプリート

R0012895
ツーリングマップル2011年度版がでてた。なんか今年の表紙デザインイマイチだけど・・・買ったぜ「九州・沖縄」。これでツーリングマップル全国版コンプリートである。ひゃっほう。というわけで今年の5月の大型連休は九州にいきたいんだけど、どうなるやら。軍資金もそうだけど、火山がねぇ。。霧島いきたいのに。

横浜にて

昨日の結婚式から一転、今日は法事。
祖父の七回忌である。
もう七回忌になってしまうのか。。
梅の花がきれいに咲いてる。
おでんは般若心経となえてるとき「ぎゃーてーぎゃーてー」ってとこで笑うのやめてください。ぎゃーてー。

愛という名の彼女の

先日、鴻上尚史の「ドン・キホーテのピアス」を読んでいたら、見覚えのあるエピソードにぶちあたった。

大学の時、友人とスキーに行ったその新幹線の中で、彼女は SPA! を読んでいた。聞けば、その週刊誌に自分のことが書かれているんだと言う。何ごとかとおもったら、当時彼女は出会い系サイトで母親の友達をみつけたり、出会い系サイトのサクラのバイトをしたりしてたんだけど、大学で鴻上尚史が客員教授をつとめる演劇のワークショップの授業をとっていて、飲み会かなんかでその話を鴻上氏にしたらえらいウケて、SPA! で連載しているエッセイに書かれたのだそうだ。

で、まさにその話が「言葉はいつも思いに足りない」に収録されており、8年(!)もの時間を経て、いまわたしはふたたびその話を目にすることになったのである。

そんな彼女の、今日は結婚式である。めでたい。

123