月別アーカイブ: 2010年11月

シューマンの指

シューマンの指母上がいまシューマンの本を読んでいるとかで、やけにシューマンにハマっていた。それが「シューマンの指」、読み終わったというので借りた。てっきり音楽解説書の類かとおもっていたら、シューマンに傾倒する天才少年を主題にとったミステリだった。

とはいえ、母が「シューマンの本」と言うのも頷ける程度に前半はシューマンやその作品の描写がかなり多いので(まさに音楽評論書のようだ)、クラシック好きとしても楽しめるかんじ。特に、作中で「幻想曲 Op.17」が重要な場面で扱われるんだけど、この曲わたしも以前発表会で弾いて、すごく練習した曲だし、大好きで思い入れもある曲なのでなんか嬉しい。読んでると弾きたくなるもんで、久しぶりに弾く。うん、ヘタクソになっている。悲しい。

物語の中で永嶺修人が言う、「音楽はすでにそこにある、演奏する必要はない」という考えがおもしろかった。なるほどそうなのかもしれない。だけどそのすでにある音楽に少しでも近づくべく、ピアノ弾きはピアノを弾くのだ。

ミステリって普段あまり読まないし、読んでも「読み解く」的読み方をわたしはしない。それにこの本は音楽の要素が大きいからミステリってかんじでもなかったんだけど、終盤の展開はたしかにミステリであった。読後はなんだか夢を見ていたかのような感覚。それはまるで、あの月夜に聴く幻想曲のような。

演奏なんかしなくたって、音楽はすでにある。完璧な形でもうある。楽譜を開く。それを読む。それだけで、音楽が確かな姿でもう存在しているのが分かる。シューマンの指

大山

だいせんではなくおおやま。
板橋ではなく伊勢原。
山登りがんばった。
紅葉は終わりかけだったけどきれいだった。
男坂はたしかに男だった。
お豆腐料理おいしかった。
豆腐アイスは不思議な食感。
R0011147

円山応挙展

三井記念美術館で開催中の円山応挙展に行ってきた。ぼんやりしているうちにいつの間にか会期が明日までに迫っていた。

まずは応挙が若い時に描いたという眼鏡絵というものが続けて展示されている。眼鏡絵というのは遠近法で描かれた風景画で、レンズを備えた「のぞき眼鏡」を通して見ると立体的に見えるそうだ。金閣寺や天橋立、清水の舞台など、有名な場所がたくさん描かれていて、当時はこんなんだったんだなという見方でも楽しめた。でもできることなら「のぞき眼鏡」でのぞいてみたかった。

それから襖絵と屏風絵。もうこの展示室はすごい見応え。いきなり波濤図に圧倒される。12幅にわたる水飛沫の描写は見ているだけで気持ちが高揚してくるほどだ。藤花図屏風も見事。捻じ曲がった枝ぶりに、端正な藤の花が美しい。そして雨竹風竹図屏風。雨に濡れる竹と風に揺れる竹の対比。美しすぎる・・・。応挙の描く竹はシンプルなのにすごく存在感があって、好きだ。竹の濃淡で表される奥行き感もたまらない。雪梅図襖は展示替えで見られなかった。これは残念。

淀川両岸図巻の部屋は、もちろんそれもすごいんだけど、それよりもわたしの心を捕らえて離さないのが竹雀図小襖。これすんごいかわいい。てかもうこれ欲しい。竹と雀の襖絵なんだけど、小さい襖なのも雀とよく合ってる。ホントかわいい。小鳥好きのあの人にも見せてあげたいくらいだ。

そして最後に応挙二大最高傑作 ー 松の競演との謳い文句とともに、松に孔雀図襖そして雪松図屏風。雪松図は迫央構図の完成形だとか。描写もさることながら、その空間の使い方は絵画に奥行きと広がりを与える。

まあそんなところで、点数は少なめだけどなかなか見応えのある展示だった。ところで iPhone でメモとってたら怒られる怒られる。iPhone ってそうか携帯電話なのか・・・むぅ・・・。

エレベーター残酷物語

一昨日は新宿のギャラリーへ行ったわけだけど、新宿へ来たらば行っておきたかった甘味処がありまして。それが、麻布茶房。けっこうあちこちにあって上野にもあるようなんだけど、新宿店でなければならない理由があった。
エレベーター残酷物語 – 峰なゆかのひみつの赤ちゃんルーム

要約すると、7F の甘味処に行く乙女と 8F のアダルトフロアに行く男が乗り合わせ、悲喜交交のドラマが生まれるという魅惑のエレベータのお話。峰なゆかさんという方はわたしは twitter で知ったんだけど、元AV女優のライターさんだそうで、この方の文章力は素晴らしいものがありますね。彼女の現役時代のAVを見てみたい気がするけど、ちょっとそんな機会はありませんね。

まあそんなところで、件のエレベータに乗ってみたい。こう思うのは可憐な乙女ならば至極当然。新宿駅東口、新宿通り沿いの TSUTAYA のビルを入り、少し奥まったところにそれはある。何やら薄暗くて怪しい雰囲気。ちょっぴりドキドキしつつ近づくと、エレベータはちょうど出たところであった。そしてそのままノンストップで 8F へ。な、なんと! もうちょっと早くたどり着いていれば!!

しかたないのでもういちど呼ぶ。スルスルと戻ってくるエレベータ。しかしながら、他に乗り合わせる人はおらず、わたしはひとり 7F のボタンを押し、そのまま何事もなく 7F に着き、エレベータを下りた。

あぁぁぁあ、こんな休日の真っ昼間っから新宿のど真ん中の TSUTAYA のアダルトフロアに向かう人なんかそうそういないのかなぁ、だとしたら平日の夜とかのほうがいいのかなあ、あ、来月新宿で飲む予定あるなぁ、飲んだ後行ってみるかなぁ、などと考えておる次第であります。

というわけで「エレベーター残酷物語・ぷちともの巻」が不発に終わってしまいましたので、本家の続編を。嗚呼、わたしもこんなドラマに出会いたい。
エレベーター残酷物語その後 – 峰なゆかのひみつの赤ちゃんルーム

抹茶アイスクリームぜんざいあ、麻布茶房そのものは甘味の種類も豊富で、新宿のど真ん中だというのに混雑もしていないしいい感じでした。やはりアダルトフロアの下という立地からなんでしょうかね。峰なゆかさんオススメのえびサラダもその他のごはんメニューもたいへんおいしそうだったんだけど、お昼ごはんは食べた後だったので、抹茶アイスクリームぜんざいとコーヒーをいただいてきました。おいしかったです。

関重一郎パステル画展

R0011040時折ふと、彼の描く絵のやわらかなタッチを思い出す。そしてブラウザの検索窓にその名前を打ち込んでみる。

関先生は、中学の時の美術の先生だった。直接授業を受けたことはなくて、美術室の掃除の時間に関わっただけ。そんな短い時間でも、たまらなく惹かれるその人柄。佇まいからして超絶な癒しのオーラを放っている、素敵な人だ。

彼の個展が開かれるのを知り、新宿のギャラリー絵夢に向かった。会場に入ると、昔と変わらぬ姿でそこに先生はいた。現在は教員を辞めて個人でパステル画の教室をひらいているそうで、他にも生徒さんらしきお客さんが数人来ている。わたしは数年前にも足を運んでいたのだが、それでもかなり久しぶりなのでもう先生はわたしのことは覚えていないだろうとおもい、声はかけずに展示を見ていた。変わらないやわらかなタッチとやさしくあたたかな色彩は、なんだか安心する。

半分くらい回ったところで、名前を呼ばれた。覚えててくれたのか! と、内心かなり驚喜した。まあ芳名帳に名前を書いていたので、それをみて思い出してくれたのかもしれないけど、それでも嬉しい。しばし話し込む。「俺は四中が本当に好きだった。四中から離れたら、教師は続けられなかった」と仰っていたのが印象的だった。そして先生はまた別のお客さんのところへ。わたしはふたたび展示を見て回る。

しばらくすると、先生は画板を持ってやってきた。生徒さんらしき若いご夫婦がいて、奥さんのほうは赤ちゃんを抱いている。どうやらこれから赤ちゃんの絵を描くようだ。これはいいところに居合わせた。淡いパステルの色を重ね合わせて、赤ちゃんのやわらかな肌や髪の毛の質感が紙に落とされていく。モデルをとらえる目はまっすぐで、紙の上を行き来する手の動きに迷いはない。絵を描く姿は美しい。

なかなかじっとしてくれない赤ちゃんに苦戦しつつ、ものの十数分で描き上げた。先生の絵は風景画が圧倒的に多いけど、そういえば中学のときも生徒をつかまえて人物画を描いていたっけ。美術準備室におかれた描きかけの誰かの絵を見ては、わたしも描いてほしいなぁと密かにおもったものだ。もちろん美術室の掃除当番で話すだけだったわたしは、そんなお願いをすることはできなかったけど。

いいもん見たなぁ、とおもいつつ、退散する前にもういちど先生に挨拶。「稼ぎがよくなったら先生の絵を買いたいです」って言ったら、「稼ぎがよくなったらでいいからな。こんどお前も描いてやるから」と。すごい嬉しかった。ほんとに描いてもらえるかはわからないけど、いつか描いてもらえたらいいなぁ。できることなら、わたしがシワシワのバアサンになる前に。

R0011058

楽音と非楽音の世界

新宿で用事を済ませた後、赤坂に移動。ラスター・ノトンのレクチャーとワークショップ「楽音と非楽音の世界」に参加するべく東京ドイツ文化センターへ。

ちょうど他所のブログでライブの話題を読んだりしていたところに Retweet されて TL 上に流れてきた。ライブではなくワークショップ、ということだったのでちょっと怯んだけど、おもしろそうなので(しかも無料)申し込んでみた。
まずはカールステン・ニコライとオラフ・ベンダーによるレクチャー。ラスター・ノトンというレーベルについて映像とサウンドを交えつつ紹介し、その後ICC学芸員の畠中実氏の司会によるディスカッションという内容。

ざっとまとめておくと、このレーベルは音楽だけでなくプラットフォームとして捉えており、デザインとコンセプトが特徴的。それは無個性。アーティストの個性よりもレーベルのカラーを押し出してレーベルとしてのコンセプトからリスナーにアプローチするもの。それから数年経って、こんどはアーカイブへ至る。そこではアーティスト自身のアイディアが活かされる。アーカイブというのは時代の記録。アーカイブは十何年たってようやく今になって意味をなすようになった。常に将来を見据えて今現在行動しようとしている。また社会的な空間として、ショップとギャラリーの間、商業的なものでなく新たな空間を作る試みもしている。CD や DVD では表現できないものを実現する。自由な空間。何をしなければならないという指示のない空間。全てのものから解放される空間は、インスピレーションを与えてくれて新しいものに目を開かせてかれる。アクティブなリラックスとでもいうのか、そういうのを目指している。エクスタシーでもリラックスでも、身体的に体験する。

そして、ライブ。ある友人は「音楽には刺激を求めない」と言ったけど、わたしは刺激だ! ちょうキモチイイ!! イスの上でじっとしてるのがつらかった。身体動いちゃうもの。40分弱のライブだったのかな、もっと聴きたかったー。映像ないのがホント残念だった。あぁ、CD 買って帰りたかった・・・。

深大寺など

お久しぶりのちんまり隊である。ちょっとしたハプニングに見舞われつつ、お昼につつじヶ丘で集合してまずは友人の写真展を拝見。お店のかわいらしい雰囲気とよく合った素敵な展示だった。お店はこぢんまりしたかんじだけどずいぶんと盛況なので、早々に退散。

そういば深大寺近いんだね、ということでバスで移動。深大寺は紅葉がはじまっていて、そのためかものすごい混雑っぷりだった。参道で買い食いなどして、植物園に行ってみる。林の雰囲気がいい。バラ園のバラはもう終わりなんだろうけど、それでもきれいなもので、めずらしくバラを撮りまくった。

あっという間に日が暮れる。もう冬だなぁ。
R0010974

123