月別アーカイブ: 2008年10月

行き詰まり感

特に何があったわけでもないのに、気分が沈むというのはどうしたことか。妹はわたしが「機嫌悪い」と感じたらしい。機嫌が悪いわけではないんだけど・・・。

太刀魚焼くのに塩まぶすの忘れたからいけないんだ!

moo mini card

ちょっと用途ができたので、moo MiniCards を注文してみた。
R0025910
かなりカワイイ。質感もとってもイイ。flickr ユーザは flickr にアップロードした自分の写真からできる。ランダムでもできるけど、自力で100枚選んでクロッピングした。超大変だったけどけっこう楽しかった。関係ないけどこのウェブ上でクロッピングする UI が秀逸です。

ウラ(オモテ?)はこんなかんじ。名前と flickr ID と、ここの URL とメールアドレス書いといた。
R0025912

さてこれをどこでバラまくかってのは・・・ゲフンゲフン
まあそのうちお知らせします。たぶん。いや、ぜったい。うん。

エレベーターオジサン

先日、夜に友人と会って食事をした後、帰路についた。秋は日ごとに深まり、自転車で夜風を切るのはかなり寒かった。

時刻は12時をまわっていた。家の前に着き、ネコの名前を呼んでみるが、姿を見せない。どこかふらふら遊び歩いているのだろう。私は自転車をおり、錆びて歪んだ鍵をかけ、ビルへ入る。部屋は4階。エレベータは5階にいた。▲ボタンを押してエレベータを呼ぶ。

5・4・3・・・

機械の箱が等間隔に数字を刻みながら下りてくる。ドアの前でそれが開くのを待つ。

・・・1

扉が音もなく開く。瞬間、私は戦慄した。そこには、タオルを腰に巻いた全裸のオッサンが、ゴミ袋を手に立っていた。

「あ・・・」

オッサンは誤魔化しの笑いをまぜた気まずそうな顔をする。

「す、すみません・・・」

私は何も悪いことをしていないのに、なんとなく謝るしかなかった。

べつに上の階に住むオッサン(初めて会った)が変態とか露出狂とかではなく、風呂上りにビールでも飲みつつ部屋でタオル一枚で寛いでて、「あー明日資源ゴミの日だな。出しとかなきゃなあ。服着るのメンドくせぇなあ。12時か・・・まあ誰もいやしねえだろ、エレベータで下りてすぐのゴミ置場に出すだけだ。いいやいいや行っちまえ」という思考の末タオル1枚で下りてきたんだと思う。そこに下階に住む女がいたもんだから、オッサンも気の毒である。

部屋を出るときは服を着ましょうね。←当たり前

わたし男その後

あどうも、ぷちとも改めネズミです。どうもどうも。先日オッサンの烙印を押されたわたくしですが、このたび見事女子に返り咲くことが出来ましたのでここにご報告いたします。
20081024
「あの~、わたし、女なんですけど・・・」

この台詞をいつ吐くことになるんだろうとヒヤヒヤしたものですが、先日教習所行きましたら直ってました。実は苗字のフリガナも間違っておりましたので、私の教習原簿はなんだか訂正印だらけです

「大自二」まであとすこし。がんばるぞー。おー。

新潟 – 群馬ツーリング #003

10月13日(月) 湯沢 – 赤城 – 伊勢崎 – 東京 262.2km [Map]

7時過ぎ起床、7:30過ぎ出発。湯沢から帰る道のりは寄り道、というのが常になってきたヒラ部員sツーリング。この日ももちろんそのつもりで朝きちんと起きて出発。今日もいい天気。

DSC_5637三国峠を越えて、群馬に入る。途中、いいかんじの田舎風景を見つけたのでバイクを止める。

ここでとめたところが少し傾斜しており、あー、これヤバいかなーとは思ったもののそのままサイドスタンドを出してバイクを下りようとしたその瞬間、バタッと倒れた。見事なまでの立ちゴケ。1号氏曰く、四肢がぴーんと伸びてマンガのようなコケ方だったそうだ。彼はすっ飛んで来てバイク起こしてくれたけれど、あまーい! その無様なコケ姿をカメラに収めなくてどうする! 報道カメラマンになれないぞ! ピュリッツァー賞ものだったのに! ・・・じゃなくて、ありがとうございますホント・・・いつもお世話になります。

ま、例によってブレーキレバーがぐにゃりとなったものの(3回目!)、車体にはそんなに傷もつかず、わたしも膝に派手な青アザをつくったくらいでたいしたこともなく済んだのでよかった。

DSC_5670そして赤城山へ。県道4号に入ると少し渋滞していた。しばらくハマるものの、じきに抜ける。途中のガソリンスタンドで赤城神社で流鏑馬があるとの情報を得る。そんなイベントもあって、赤城神社周辺は大混雑。群馬人曰く、普段こんなに混んでいることはないそうだ(笑)。

赤城山はだいぶ色づいていた。今回紅葉には少し早いのでまあほぼあきらめてたんだけど、きれいな赤が見られてよかった。

DSC_5833すごい人ごみな上、流鏑馬までは時間があり、待っているとかなり遅くなってしまうため、流鏑馬撮りを泣く泣く諦める。そして少し移動して覚満淵あたりをウロウロ。写真は山の上のほうから撮った全景。この反対側に、超絶高所恐怖症的急勾配階段があった [photo]。立ち入り禁止になってたけど、景色はとてもきれいだった。

釣りをする智子なんかよくやりがちなんだけど、夢中になっててごはんを食べるのを忘れる。この日もなんだかんだでタイミングを逃していた。突如「岩魚は好きか」と問う1号氏。魚は好きなので Yes 。で、釣堀に行き、釣りをする(笑)。私は釣堀ってのはもう糸垂らしときゃボンボコ釣れるもんだとばかりおもっていたんだけど(そういうとこもあるそうですね)、ちっとも釣れやしない。あまりにも釣れないもんだから野良猫撮りをはじめる始末。しかしながらすすむさんが1匹釣り上げてくれたので、お店の魚とプラスして塩焼きと唐揚げでいただいた。とてもおいしかった。

釣りじたいは不完全燃焼ながら(笑)、とにかくお腹を満たして出発。ツーリングもそろそろ終盤な気配。

DSC_5899群馬の公園で風車があったので撮った。「オランダ行ってきたって言ってもばれないね!」とか言ってたらホントに騙される人がいるんだから世の中わからないもんだ。

日が落ちたので帰宅モード。とはいえまだ17時すぎなので、ラーメン食べてこう、ということに。辛いの。私は辛いのは普通程度には食べられると思ってたんだけど、どうもそんなに得意ではないようだ。すんげー辛い。なんか、まわりの人たちみんな涼しい顔して食べてたけど、もう汗だくよ。ただでさえ厚いくちびるが、食べ終わる頃には若干腫れていたような気がする。でもおいしかった。あの辛さが半分くらいだったらよりよかったけど(笑)。

DSC_5934んで食後のデザートに、と買っておいた妙ちくりんを食べる。んまぁい。私これかなり大好きだ。6個パックお買い上げしたけど、全部自分で食べちゃったもん :d んなことやってるからふt(ry

しばしぼんやりした後、本庄児玉ICへ向かう。ガソリンが家までもつかなーどうかなーってとこだったので、IC 直前のスタンドで給油。お金払いに行ったらお店のオニーちゃんが「あれ、ホーネットっすか!? 自分もホーネット乗ってるんッス! 裏に止めてあるんッス! 白ッス!」と、やたら嬉しそうだった。

本庄児玉から関越に乗る。が、えらい渋滞。まあそこはバイク、がんばってすり抜ける。いやしかしすり抜けは神経使うのでホント疲れる。普通車の皆様的にもあまり精神衛生上よくないだろうし、なるべくならしたくないもんです。ガソリン入れといてよかった・・・と思いつつ、東松山あたりから少し流れ始めた。だんだん流れがよくなっていったけど、新座料金所を超えたとたん再び渋滞。おいおいまたかいな・・・。でもまあ渋滞していたわりにはそこまで遅くならずに帰宅できたのでよかった。

このツーリングで、ホーネット 10000km 突破。買ってちょうど1年くらい。すっかりわたしの大事な大事な相棒ですわ。

総走行距離:785.2km [Map]
写真:Niigata – Gunma Trip Oct2008 (45/GRD 97, D80 816)

新潟 – 群馬ツーリング #001
新潟 – 群馬ツーリング #002

新潟 – 群馬ツーリング #002

10月12日(土) 湯沢 – 寺泊 – 弥彦 – 湯沢 300km [Map]

6:30起床、7時出発。昨日から一転、今日は実にいい天気だ。

DSC_5259今回のツーリングのテーマは「欲張らない」である。あっちもこっちも、じゃなくて、ゆっくりていねいにまわろうぜ、ということ。寺泊と弥彦に絞って突撃。

てなわけでまずは寺泊へ。ちょこっと道を間違えたりしつつ(お約束)、10時過ぎに寺泊港に到着。まずは浜のほうへ行ってみる。地元民らしきサーファーがけっこう多くて、波も高めで気持ちよさそうに波乗りしていた。

R0025387おなかもすいてきたので「魚のアメ横」の方へ移動。三連休の真ん中ということもあってかものすごい人だった。食堂みたいなとこで生ちらし定食をいただく。私はイクラ嫌いなのでイクラ抜きで、って言ったらカニに替えてくれた。おいしかった :d

DSC_5297さて弥彦に移動。弥彦まではわりと近いので問題ないんだけど、気持ちよさそうな道があるのでそちらを通って行くことに。

越後七浦シーサイドライン。よく晴れた日の海沿いの道は、バイクで走るとほんとうに気持ちいい。ここは景色もよく、ちょこちょこバイクを止めては写真撮ったりしてた。

DSC_5353弥彦に到着。バイクを止めて歩いて周辺を散策。

弥彦神社では結婚式の行列に遭遇。意外と早く通り過ぎてしまうもので、うまく撮れなくて残念。せっかくいい被写体に出会えたのにぃー。お嫁さんは大勢のキャメラマンに撮られまくっていた。

DSC_0654弥彦公園のもみじ谷。紅葉にはちょっと早くて惜しかったなー。でもとてもきれいな公園。写真は taken by susumu です。

あちこちぶらぶら歩いていると時間は過ぎて行ってしまうもので、日が傾こうかという時間になる。で、さっきのシーサイドラインは「夕日ライン」なんて書いてあった。日本海に沈む夕日、きれいにきまってるじゃないかぁ。ということで再び先ほどの道を行く。

DSC_5578もう日が落ちる、というところで浜にバイクを止める。このときはだいぶ雲に隠れてしまい、ああもうだめだろうなあ、と思っていたら、最後の最後で雲の切れ間から夕日が出て、すごい色になっていた。シャッターを切るごとにどんどん落ちていく日。夕日の写真て夕日だね、ふーんきれいだね。ってかんじになっちゃうんだけど、でもどうしても撮っちゃうんだよなぁ。ほんとうにきれいだった。

そして8号に出て湯沢の基地に戻る。この道のりは・・・寒かった。

新潟 – 群馬ツーリング #001
新潟 – 群馬ツーリング #003