カテゴリー別アーカイブ: わかんない

卒業確定

今ふと、成績発表もう出てるんじゃないかと思い出して、ワセポでさっそく成績確認。
20050308
はい。卒業確定です。真面目に生きてきましたから、当然ですw 成績も上々。

はー。なんかほんとにもう学生終わっちゃうんだな…淋しいよぅ。

アッチョンブリケ

映画「電車男」、エルメスは中谷美紀

あ、イメージ的にあってるかも。山田氏もあってるかも。2chは映画出演なるのか!?画的にどうなるのかが見物。ですな。いや、映画館には行かないけどもw

アッチョンブリケな追記:

びっくりした。
「アッチョンブリケ」でググるとかなり上位に来るよこのエントリ。
「アッチョンブリケ」って何だよと思ってググってたどり着いた方、もうわかってるかも知れませんが、これは「ブラックジャック」のピノコが作った言葉です。ブラックジャック第88話「報復」で初登場。

「車の免許持ってるのにお医者の免許持ってないなんてアッチョンブリケよのさ」
「なんだそのアッチョンブリケってのは」
「ピノコがつくった言葉」

というやりとりがあります。(今手元にコミクスないので正確ではないと思いますが)

どうもこれの語源って実は古いドイツ語の医学用語で、”Achzion-brucke”(横隔膜矯正帯)というのが元の意味らしい。んでもって「しーうーのあらまんちゅ」(これもピノコ語)は “Schwerner Armanche”で「変異性劇症膠原病(皇帝病)」だとか。さすが医学博士手塚。
という噂が3,4年前に2chを発端に広まったようですがこれはデマだそうで。そもそもドイツ語にAchzion、Schwerner、Armancheなんて言葉はないらしい。

なんつーか、いちファンとしてはこの無意味に見えるピノコ語が、医学用語を語源にしているってえのはもう楽しくてしょうがないわけで、ぜひともそうであってほしい!と思ったんだけども。

参考までに、「アッチョンブリケ 語源」とか「アッチョンブリケ 医学用語」とかでググると楽しい記事がいっぱい出てきます(このエントリもひっかかっちゃうけど)。ただネタとしてかなり古いのでこのネタで新規にエントリ書くかはわからんけど、気が向いたら書くかも。

おっといけねえ。「トンデモデレデのテッチョーブクロ」で1位だw えー、これもピノコ語です。これは第30話「ピノコ生きてる」で出て来ます。これはアッチョンブリケとかに比べると知名度が低いのかな?てか、こちらにピノコ登場エピソードと「アッチョンブリケ」「しーうーのあらまんちゅ」の登場する話が全部出てます。すげえw

なんにしてもブラックジャック好きです。相当好きです。手塚治虫は神。

「リンク」を追加してみた

メニューのとこに「リンク」を追加してみた。「エキサイトブログ」は、勝手にばんばかリンクしているため非公開にしてます。なので、エキサイトブログでここをリンクしてくれてる方とか、リンクしたよって報告した方だけリンクしてみた。

おいこら、リンクさせてやってもいいぞって方とか、おいらもなにげにあんたのとこリンクしてるよ!って方随時募集中w

ついでに「読書」カテゴリ作ってみた。まだ全然記事がないw 本読むぞーーー!!

ガラス越し無意味画像
20050305-4

「春の雪」映画化

三島由紀夫「春の雪」映画化

まじですか。
どうなんでしょうか。

てか私まだこれ読んでません。なぜかパリに行くヒコーキの中で読もうと勝手に決めていた本です。「春の雪」については知識人超音速氏がアツく語ってくれます。「豊饒の海」各論もあり。超音速備忘録で探してください。

私は、パリの前に読むべき本がふたつばかりあって、それについてのエントリをもうすぐ書けそうです。

ぎょわーん

あらあら。もうこんな時間。

妹が卒業する部活の先輩に色紙を渡すとかで、その色紙になんかステキなイラストを入れてほしいと頼まれ、喜々として制作に勤しんでたらもう3時ですかそうですか。
20050304-2
雨は雪に変わり、うっすらと積もっています。

more

トラがバターになるんです。

2005304-1絵本「ちびくろさんぼ」復刊へ

私、ちびくろさんぼが黒人差別を助長するとかで絶版になってたってこと、大学入ってから知った。てかこの話、黒人差別助長するか?とか思うのは私だけでしょうか。「ちびくろ littleblack」ってのがイケナイのか?

で、家で偶然発見したちびくろさんぼがこれ(写真→)子供の頃わりと好きでよく読んでた記憶があります。絵本を開いてみると、各所に私の落書きがw う~んなつかしい。

どうでもいいけど、トラがバターになるってすっごい発想ですよね。
虎を高速回転させてバターにする方法を教えて下さい

煙草

たばこ規制条約が発効てことで、タバコについてでも書いてみようっと。

私はタバコを吸いません。タバコの煙は嫌いですが、タバコを吸う人を嫌悪するものではありません。街中から駅からビルの中から、どんどん喫煙場所はなくなっていくのに、外にはじっこの方に追いやられながらも、税金払って大好きなタバコを吸う。そんな愛煙家の方々を見ていると、ちょっとカワイソウとか思ったり。

しかし、歩きタバコは激しく嫌悪します。ポイ捨てなんてもってのほか。もっとタチ悪いのは携帯灰皿持ってるからってところかまわず吸っていいとか思っちゃってるアフォ。

こーゆうのの取り締まり、もっと厳しくしてほしい。そのかわり、喫煙所とかはもっと豊富にするとかさ。喫煙所が少ないと、違反者が出るんです。ウチのバイト先がいい例です。去年あたりに全館禁煙になって、各フロアに喫煙所ができましたが、なぜか喫煙所のない階があって、その階では裏でこっそり吸う人続出。おいおいって思うけど、吸う人にとっちゃ死活問題なんでしょうね。だから私もいちいち文句言ったりそういうことはしませんがw

環境が整備されて、分煙がもっとちゃんと徹底されるとイイですね。愛煙家にとっても嫌煙家にとってもそれがいちばんだと思うよ。

花粉か!? そうなのか!?

20050228認めまい認めまいとして、ここ2年ほど過ごしてきましたが、もう認めざるを得ないような気がしてきました。

ここ一週間ほどで、急にくしゃみが出るようになりました。鼻ムズムズ。ムズムズムズ。ムズムズムズムズ。

ヴァー。

やっぱこれって花粉?だよねえ?
はあー。

レモンバームがいいらしいね。

おじいちゃんに会ってきた

昨日から今日にかけて、おじいちゃんち行ってきました。

おじいちゃんベッドに寝てたんですけど、普通に寝ているみたいで、いつも行くときと変わらなくて、ほんとに死んでるのか疑わしく思ったくらいでした。でもおじいちゃんの顔に触れてみると、ものすごく冷たくて、その手で自分の顔を触ってみると当たり前に温かくて、命の灯の消えた人間て、こんなに冷たいんだって思いました。

おじいちゃんの、そして人の「死」ってものを目の当たりにして、言葉では言い表しがたい不思議な感情が渦巻いて、そして目頭が熱くなるのに抗う事はできませんでした。これが哀しいってことなんだなって。でも何かこう、必ず誰もが通るべき門というか、経験というか、そういった人としてすごく大切な何かを、得たような気がします。

おじいちゃんは最期、とても穏やかに逝くことができたそうです。日が沈むように、雨がやむように、それはそれは自然に穏やかに。おばあちゃんひとりに見守られて。それがいちばん幸せだったかなって思います。

コメントくださったみなさんありがとうございます。くれないで何か思ってくれた方もありがとうございます。哀しいけど、そんなに沈んでるわけでもないです。おばあちゃんも元気そうだったし。もちろん表に出すまいとしてるんだろうけども。みんな、哀しいけどもどんよりするでもなく、なんかいいかんじです。おじいちゃんも喜んでると思います。

ひどく個人的な事ですいません

でも書こうと思います。

おじいちゃんが亡くなりました。今日の夕方、横浜の自宅で。3月で89歳になるというところでした。

うちの父は長男です。それで、今日の朝、おばあちゃんから電話がありました。おじいちゃんが、食欲なくて、なんかいつもと違うって。なんかもうやばいかもって。食欲ないってだけなのに、きっとおばあちゃんは直感的に何かを感じたんでしょう。

それでうちの親も、おじいちゃん株やってるのでそれとか預金とか早めにいろいろ対処しないとって言ってたんですね。で、そのまま今日の夕方に。

ここまで近しい身内が亡くなるの、初めてです。正直、実感がわきません。でも確かに亡くなったって事実はあるわけで、不思議な気持ちです。

そういえば今バイトから帰ってきて、妹におじいちゃん亡くなったんだって聞いて、こんな時間なのに家に妹以外誰もいないし、変だなとは思ったんだけど。

うーんなんかまとまらない。明々後日にお通夜。おじいちゃんの顔を見たら、また違う感情が沸き起こるのかも。

今、ひとりになってしまったおばあちゃんが心配です。