カテゴリー別アーカイブ: わかんない

ビビアンカコイイ

地味に細々とやっておるわたくしめの flickr photostream において、圧倒的な view 数を誇る写真。それは何かというと、このヴィヴィアンなのである。
Vivienne Westwood
Explore されたわけでもないのになんでこんなにアクセス多いんだろうとおもったら、yahoo.com で vivien westwood と画像検索すると上位に来るようなのだ。4年も前の写真なんだけど、未だに毎日 10前後のアクセスがあり、4年間の蓄積によって 3000 view を超えるに至ったのだ。

まあ flickr のすぎょイ人たちにすれば 3000 程度はどうということもないんだろうけど、ひっそりやってる身にしたら 4桁なんてもうビックリなわけだ。塵も積もれば山となるというか、継続は力なりというか、4年という月日もあって、とにかくなんだか感慨深いのである。

* * *
2015/5/13 追記
今見たら 10365 views だった。10年の蓄積すぎょイ。

昔話における猫

某所にまんが日本昔ばなしのネコにまつわる話をまとめたコピペがあったので、市原悦子と常田富士男のあの独特の語り口を味わいつつ、懐かしい絵柄を楽しみつつ、ここ一週間ほどポチポチと見ていた。

十数話ある中、いい話もあるんだけど、どうにも化け猫とか悪役の猫の話が目につく。猫ってそういう役回りなんかなぁ。ネコ好きの贔屓目抜きにしても、なんとなく腑に落ちない話も多い。まあ昔話だから、ってのもあるけどさ。

そんな中、すごくよかったのが「大工とねこ」という話。淡々と語られる中にも、深く心に響くものがある。見返りをも求めぬ真の愛情かぁ。泣けるわ、ホント。

大掃除

今日は大掃除をした。早めにやっておいて年末年始の予定に余裕をもたせようという魂胆である。別に年末年始なんの予定もないけど。

大掃除っていうのはわたしにとって「大」掃除ってだけで、世の人々はきっと日常的にやっているであろう程度の掃除が大部分を占めているものとおもわれる。それでもわたしにとっては大いに掃除をしたわけで、スッキリサッパリきもちいい正月が迎えられるってもんだ。

台所やお風呂がきれいになったのは大変に結構なことなのだが、それで息絶えてしまいデスク周りは依然としてとっ散らかったまま。スッキリサッパリきもちいい正月とはほど遠い。片付けなきゃ。

掃除も始めちゃえばけっこう楽しいんだけどねぇ。普段からまめにやんなきゃなあとおもった次第。

Google 日本語入力

Google 日本語入力、会社の Windows マシンに入れてみた。サジェストが相当強力。強力すぎて 2ch 的言い回しにまで強いけどw ATOK なんぞ買ってもらえないし、しかもなんか最近 MS-IME ときたらせっかく今まで学習してきた単語を忘れちゃったり、なんかどうもおかしかったので助かるわー。無料だし。←ここ大事。ありがたく使わせていただきます。Mac は相変わらずことえりでがんばってるけど。

Web 上の膨大なデータから変換エンジンを構成してるってことは、今までググってきた人たちによる壮大な集合知なわけで、そのスケール感がなんか Google っぽい。

入涅槃幻想

平山郁夫が亡くなり
スカートをはく男を目撃し
ついにサボテンまでも枯らしてしまい
慣れないスーパーでの買い物は要領を得ないのでやたら時間がかかり
冬になるとなーんでか無性にアイスが食べたくなり
くちびる腫れてたのやっと治ってきたなぁ
みたいなかんじ

ナンシーとの遭遇

先般、はじめてナンシーに遭遇した。ナンシーをご存知ない諸兄は是非リンク先を参照されたし。

バイク乗ってて知らない人に話しかけられることはよくあるけど、ナンシーに遭遇したことはなかった。出先でオジサンに話しかけられるたび「おっ ナンシーか!?」なんて身構えてたけど、いつも空振りに終わっていたのでいつのまにかナンシーのことは忘却の彼方。しかし忘れたころにやってくるというのが世の常というもので、先週末ついにこの未確認宇宙生命体との遭遇を果たしたのである。

平塚市美術館について駐輪場にバイクを止めると、警備員のオジサンが近づいてきた。なんだなんだ、ここに置くなとか怒られるのか? とかおもってたら、「東京からきたの? いいバイク乗ってるねー」と声をかけてきた。そして、

「大きいねぇ、すごいねぇ。これ、なんしーしー?

うおおお! 不意をつかれた! ナンシーだッ!!

夢にまで見たナンシーとの遭遇。内心ニヤけるわたくし。平静を装って、あ、250 なんです、とにこやかにかつ爽やかに答えると

「250!? これで!? 大きいねぇ。ななはんかとおもったよ

おおお! 鳴き声も模範的!!

しばし会話をした後、「美術館は17時までだから、ゆっくりみていってね」と、ナンシーは仕事へと戻っていくのであった。

いやー、ようやくナンシーを捕獲することができて、これでわたしもようやく一人前のライダー・・・とも言えないけど、ひとつ経験値を上げたぞ、みたいな、そんな気分。場合によっては煙たがられる存在みたいだけど、こんな出会いもまたバイク乗りだからこそだなとおもうわけだ。

ありがとう、ナンシー。またどこかで会おうぜ、ナンシー。ああ、愛すべきナンシーに幸あらん事を。May the nancy be with you. ←ちがう

焦点距離

SS091127
けっこう前からなんだけど、D80 で撮った写真を flickr にアップして、More properties をみてみる。すると、なぜか Focal Length がふたつになる。なんなんだろうこれ。すごいきもちわるい。単焦点つけてもズームつけてもそうなるんだよな。前はそんなことなかったのに。なんか変な設定しちゃったのかなぁ? 誰かなんか知ってたらおせーて。みたいなかんじ。

恐怖からの解放

本日付けで、我が家の給湯器がめでたく新しいものに交換された。

ときどきお湯が出なくなったり翌朝復活したりと不調きわまりなかったんだけど、だましだまし使っていたところの給湯器。この寒いのに突然水をかぶることになる恐怖に怯えながら日々過ごすことに耐えかね、やっとこさ取り替えてもらった。

新しいのは、温度の設定とか、湯量の調整とかできるようで、なんとも便利じゃございませんかぁ。ありがたいねぇ。技術の進歩だねぇ。

・・・っていうかそれって普通だよな。どんだけ骨董品使ってたんだって話。