立川

先月ツーリング先の長野で食べたいろは堂のおやきが忘れられず、立川にもお店があるというので行ってみることにした。

新宿から中央線に揺られること40分、立川わりと遠い。改札を出て、エキュート立川内にあるといういろは堂を探す。一瞬で見つける。ショーケースに並べられたおやきは、本店のそれよりも心持ち小さい気がする。さんざん迷った挙げ句、前回ひと口だけ食べてすごくおいしかった夏季限定のなすと、きりぼし大根にした。

せっかく立川くんだりまでやってきたし、おやき買ってすぐ帰るのもなんなので、すこしばかり歩くことにする。空は雲が多く、気温はそれなりに高いもののそんなに湿気がなくて、歩くのも苦ではない。駅から離れるとすぐに郊外の風景にかわり、じきに多摩川の河川敷に出る。

土手に腰掛けて、さっそく先ほど買ったおやきを頬張る。うん、ウマい。けど、やっぱり本店の焼きたてには到底及ばない。ふわふわもっちり感がいくぶん乏しい。でも、ウマい。しめじとねぎみそをひと口ずつもらったら、こちらもとてもおいしかった。わたくし的いろは堂のおやきは、なす、しめじ、ねぎみそで決まりかなぁ。なすが夏季限定というのが惜しいところ。冬季のじゃがいもが楽しみである。

しばし多摩川のほとりでぼんやりと過ごした後、再び多摩モノレールに沿って歩いてさらに南下する。高幡不動まで歩いて、京王線に乗って新宿に戻り、お茶して帰ってきた。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。