手塚治虫のブッダ展

R0015086
東京国立博物館で開催中の手塚治虫のブッダ展に行ってきた。漫画と仏像のコラボレーション、うーん、どうなんだ? とおもうおけど、でも天下の手塚治虫のブッダだし、これは観ておきたい。

ブッダの誕生から涅槃までの生涯を、手塚治虫のブッダの原画と実際の仏像とで追って行くんだけど、手塚治虫の原画がすごくうまく使われていてものすごくわかりやすい。ただ漫画のシーンと仏像を並べてるだけじゃなくて、ブッダの生涯を理解した上で仏像を観られるようにしてる。ブッダのことぜんぜん知らない人とか子供とかでもとっつきやすそう。

それにそういえば手塚治虫の原画ってナマで観たのはじめてかも。ペンの動きひとつひとつに漫画家の息が感じられてすごくドキドキするわー。仏像の方もけっこう充実していて、展示の点数は多くないんだけどすごく楽しめた。

ブッダ再読したくなった。実家行ってくるか。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。