新門司港にて

山陰を旅してきた友人と合流。
これから 34時間の船旅である。
わたしは船酔いに耐えられるのだろうか。
というわけでさらば九州。
南半分は諦めざるをえなかった。。
川内は縁深い土地だし、霧島にも行きたかった。
鬼の洗濯板で汚れ物はねぇがぁ!ってやりたかったし、指宿で砂に埋もれたかった。
無念、しかし、いつかまたきっと。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。