ちんまり隊がゆく 〜 小湊鉄道

F3000707千葉県市原市・五井駅。JR のホームからとなりのホームにうつると、とたんにそこは古めかしい雰囲気を漂わせる。1両、または2両編成のそのオレンジ色の電車は、小湊鉄道線。

ホームで1日乗車券を購入し、いざ小湊鉄道の旅。駅舎や車両のに古くからの雰囲気を残していて、切符を見に来る車掌さん(なぜかみんな女性だった)の手にはなんともなつかしいハサミ。ゆったりとレトロな電車に揺られつつ、途中下車しつつ、ぶらぶらと散歩。車内でたべたシャビイ(正確にはサクレのだが)はひときわおいしく感じられた。

前回の印西牧の原では「田舎は田舎だけどなんかちがう・・・」だったのだが、今日はまさに思い描いていたのどかな田舎風景がつづく。日差しは強いけれど、風もあって木陰にはいれば涼しい。電車は1時間に1本とかそんなもんで、ずいぶんと待ち時間が長い場面もあったけど、まあなんとか。久しぶりにたくさん写真を撮った。
F3000701

ちんまり隊がゆく 〜 小湊鉄道」への2件のフィードバック

  1. by ころすけ at

    仕事でたまに千葉中央部を横断するときがあるけど
    千葉って意外と長閑な風景が多いよね。
    近県とはいえ奥が深いです。。

    返信
  2. by chappy at

    あは、あたしの実家方面じゃないですか〜w
    小湊鉄道って、噂では日本一運賃が高いとかって聞いたことがあるけど地元民には「う〜ん、そうなの?」って感じでしたが、確か最終駅だと片道だけで3000円くらいとられたはず・・・

    返信

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。