墓参り

朝7時墓場集合。相変わらずわたしは時間を読むのが下手で、30分近く早くついてしまう。ひとりではりきっているみたいだ。暇なのでつぶやくなど。

6:55 の時点で誰も来る気配がなかったが、その2分後に実家からの車組、さらに5分後くらいに弟の NSR 、ずっと遅れていちばん近所である兄の車が到着。家族総出で墓参り2ヶ所と祖母のいる施設を訪問するツアー(車×2 バイク×2 総勢6名)である。

墓石を掃除し、花をいけ、線香をたいてビールをお供えし、手を合わせる。父上は「家内安全・商売繁盛!」と唱えていた。母上はそれに対して「そんな自分のことばっかり」とのツッコミを入れていたが、家内安全も商売繁盛も家族を思ってのことではなかろうか。世界平和も家庭内平和からはじまるんだ、きっと。

祖母のいる老人施設に行くとおもうことはいつもかわらず。だけど祖母はもうほとんど奇声を発するくらいしかしなくなっているのだけど、時折、一瞬だけ、まともに会話をすることがあって、こうやってみんなで顔を見せに行くのはいいことだなとおもった。以前もうすこし認知症の症状が軽い頃は、よく「もう死んじまえばいいんだよ」とか言っていたのだが、いまはそんなことも忘れ、ただただ人が来てくれていることを無邪気に喜んでいる。いまのほうが、幸せそうにみえた。

ツアー後は家族で昼食をとり早々に解散、それぞれの家に帰る。これで夏休みはおしまい。あっという間だ。

そういえば実家で大量につくっている自家製梅シロップ(梅酒でなく梅シロップなのね)をわけてもらったんだけど、その材料になっている梅が、おばあちゃんちの庭の梅の木から収穫した梅だと知ってなんだかすごくうれしくなった。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。