赤めだか

赤めだか少し前に個人的 B’z ブームがきていたとき、稲葉浩志が立川談春と対談している動画を見た。それで興味をもって、どれ本のひとつでも読んでみようかねといったところで立川談春「赤めだか」。立川談春が17歳で立川談志に入門し、二ツ目そして真打ちになるまでを描いたエッセイ。

噺家だけあって、話のテンポがよくて文章がうまい。いろんなドタバタエピソードが生き生きと描かれている。築地魚河岸修行の話、いいなぁ。あと着物を買うために競艇で博打を打つ話は実にドラマチックであった。落語についてはまったく無知なんだけど、立川談志という人はやはりカリスマというか天才というか、とにかくすごいんだろうなというのが伝わってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。