水元公園

R0022083おもえば天気予報に翻弄されていただけだった。雨(どころか雪まで降っていた)だの寒いだのと脅かされ、どうしようかとおもっていたところ、蓋を開けてみれば雨は午前中にスパッとやみ、雲間から太陽が顔をのぞかせている。久しぶりの部活動は、青空の下執り行われることとなった。もう4月も半ばだというのに吐く息は白く、真冬の装いではあったけれど。

行きは上野から常磐線。過去に常磐線に乗ったのは、片手で数える程度しかないとおもう。常磐線は難しい。なんだかよくわからない。乗った車両にはなぜか黒人さん率が異様に高く、常磐線って黒人さんの利用者が多いのか? とかいう考えが一瞬頭をよぎったが、べつにそういうわけでもないだろう。

金町駅でお二方と合流し、水元公園へ。友人とも後輩とも同僚とも役員ともつかない男の近所ということでその存在は知っていたのだが、行く機会がなく今回はじめて足を運ぶこととなった。金町駅から歩く気マンマンだったのだが、バスが出ているのでそれに乗る。乗ってみると、意外と距離があった。

公園は思っていた以上に広く、敷地内をぐるっとまわるだけでもかなりの歩行距離となった。池、金魚、メタセコイアの森、ポプラ並木、緑の広場と、いろんな表情を見せてくれる。釣りをしている人の傍ら、鳥も多くいるようで、バードウォッチングの三脚バズーカ砲を抱えた人たちも見受けられる。朝まで降っていた雨で、そこらじゅうに水たまりができているのだが、それに青空が反射して実にきれいだ。人も多くなく、いい公園だった。わりと近いし、またゆるりと散歩しに行こうとおもう。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。