廃漁村の男

とある廃漁村に超絶ワイルドな生活をしている男がいた。その男は自給自足しつつネズミとか虫とかそんなのと共生していた。頭髪は伸び放題で顔は薄汚れ、服装もボロ布を纏っている程度。だけど確かに現代人である。

そんな男に惹かれた1人の女がいた。彼女はその男の住む廃漁村に通うようになった。もともと人を受け入れないわけではないその男はすぐに彼女を好きになり、やがてふたりは恋人同士になった。

ある日彼女がいつものようにその男のところへ行くと、男はどこで拾ってきたのかボロボロのギターを弾いていた。それは弦がダルダルに緩んでいる上に1本は切れているような代物だった。にもかかわらず男の響かせる音は彼女の心を強く打ったのだった。

彼女はレコーディングをすすめ、男はわけがわからないながらも素直に従った。そして発売されたレコードは世界中で売れまくり、ふたりは巨万の富を得た。

それでも男と女は廃漁村での生活を続けた。
ふたりはそれで幸せだった。

のちのジョン・レノンとオノ・ヨーコである。

・・・という夢をみた。意味不明。

廃漁村の男」への2件のフィードバック

  1. by おでん at

    なんだよ、夢かいwww最初に「ジョン・レノンとオノ・ヨーコ」の文字が見えたから「へー、そうなんだー」とか思って読んじゃったじゃんw

    返信
  2. by at

    なんでジョン・レノンが廃漁村でサバイバル生活営んでんだよw

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。