モノへの思い

平井堅が、パソコン盗まれて慌てふためいたというニュースを見たのはいつ頃だっただろうか。あの時私は、自分の PowerBook が盗まれたりしたら泣くだろうと思った。マシンの中のデータって、自分にとってはほんとに priceless な財産だから。

でも今回、実際に PowerBook を失ってみて、まあ当然号泣したわけだけど、なんで泣いたかってそれは中のデータを思ってではなかった。いや確かにデータも重要だけど、データはバックアップがある。じゃあなんで泣いたかって、私の PowerBook そのものを思ってだった。

一昨年の12月。命削ってバイトしてためたお金で自分にクリスマスプレゼントって、はじめて my Mac を自分で買った。ハワイにも連れてった。パリにも連れてった。ブログ書いて、そんでブログでいろんな人と出会って、やりとりして、リンゴ祭でみんなで盛り上がった。大好きな友達とメールの応酬した、偶然メッセがつながった、Skype で見知らぬ外国人さんと恋バナした、時にはディスプレイ透かしてみたりもした。いろんな便利アプリとかおもしろアプリとか入れて遊んだり、ショートカットとかマウスジェスチャとか細かく設定してやったり、ディレクトリ細かくわけて整理整頓してやって、RSS リーダにもいっぱい登録して、アキバの薄暗いメモリ屋さんでメモリ買ってきて1.5GBに増設してやって、調子悪い時はメンテしてやって、あーん汚れてきちゃったようとかさ、キーボードがはげてきたなあとかさ・・・

もうね、ただの機械じゃないんだよ、Mac って。Gackt も言ってたけど、ペットのような、恋人のような、家族のようなもの。そうなの。PowerBook は PowerBook だよたしかに。アップルストア行けばいくらでも売ってるさ。でも私がこの1年3ヶ月ともに過ごしてきた PowerBook はあの PowerBook ただひとつ。だからいくら中身だけあっても、やっぱりそれに代わるものなんてないんだよ。そんぐらい思い入れが強いものなんだなって、失ってみて改めて実感した。妹は「ヲタだからだよw」って言うけど、やっぱ大事。私が所有していたモノで、いちばん思い入れが強くて大切なものだったのかもしれない。 iPodも同じ。今、なくしちゃったからじゃあ新しいの買おうとか全然思わない。まあ今の 5G iPod のクリックホイールと液晶のバランスが好きじゃないてのもあるんだけど。白黒画面がいいもん。ぽてっとした形がかわいいんだもん。新しいの出るたびそりゃ欲しくなるけど、やっぱ自分のがいちばんだって思うんだもんね。うん。まあとにかく、そんだけ思い入れが強いってこと。

でもね、ほれ、TriPort だけは私の手元に(ってか頭に)残ったじゃん。これがね。きっとさ、またあの iPod とつながれる日が来るんだとおもうわけよ。いつも一緒にいた TriPort と iPod が、いつかきっとまた巡り会える日が来るんだと。たとえそれが何年先でも。うん。そう思いたい。

覚悟はできてるつもりではいるんだ。戻ってくることはないだろうって。でも、なんでだろ。なんか、ある日突然戻ってくるような気がしてならない。今、この手元にないのはすごく不自然なことで、ある瞬間、もとの自然な状態に戻るような。そんな気がしてならない。一時的に手元にないだけみたいな。

うーん。今どこにいるんだろ。雨風に晒されてなければいいんだけど。そうせめて屋根のある場所に。第三者の手に渡ってるなら、どうか大切にしてくれる人であってほしい。

ぱわぶくタン。
但教心似金鈿堅 天上人間會相見

モノへの思い」への6件のフィードバック

  1. by ひちゃこ at

    はじめまして。いつもはROMってばかりなのですが、このエントリに共感。そうです、Macは機械じゃないですねー!!会社でWindows使っているからその辺りは実感してます、毎日。
    パワブク買い替えたい度80%なのだけど、新調したあとのパワブク(チタン)を処分するかどうかと考えるだけで切なくなるので、未だに買い替えられない。Mac miniを買うときにもCubeとさよならできなかったし、みんなみんな可愛すぎる。

    PowerBookが戻ってくるように祈ってますね。

    返信
  2. by miz at

    世の中の趨勢でどうしてもお仕事はWindowsばかりになってしまいますが、常に横にマックを置いていました。
    Windowsマシンはあんまり愛着を感じないけどマックには愛着があるんですよね。マックと出会って20年近くになりますが、その気持ちは変わりませんね。ただの機械でないなにかがありますよね。
    同じマシンでも人のマックだとほんとに使いにくいし~(^_^ゞ

    返信
  3. by covaemon at

    ぼくは、どっちかっていうとものには固執しない方なんですよね。だから、カメラとかギターとかしょっちゅ売ったり買ったりしてます。でも、どうしてかMACはすべて残ってるのですよね。今ではほとんど使わなくなったものも。
    ぼくにとってMACは今や仕事の道具でもあるのですが、その仕事をしようと思わせてくれたものでもあるんですよね。だから、もしあの時、MACがなかって、MACに出会ってなかったら今頃ぼくは何をしてたんだろとか思ってしまうのです。だから1台、1台に思い入れがちがってます。
    今は、ばらばらになってしまったものがまた元に戻ってすべて繋がった時、また輝きを取り戻すでしょう。今もし誰かが使っていたとしても絶対に、うまく動いていないはずです。PowerBookだって、「もっとちゃんと使えよ」って思ってますよ。

    返信
  4. by petite-tomo at

    >ひちゃこさん
    いつもROMっていただき嬉しいです。コメントもっと嬉しいです。ありがとうございます。
    ほんと、機械じゃないですよね。かわいくてしょうがないです。そんなこんなでウチにも今では使い物にならないようなMacがゴロゴロ転がってたり。

    ところでCube→miniっていいですねー!すっごくいい。ああカワイイ。
    みなさまに祈っていただいてほんと嬉しいです。ありがとうございます。

    >mizさん
    ほんと、なぜかWinマシンってここまでの愛着わかないんですよ。なんでだろう。すごい不思議です。私も諸事情によりWinを使っていた時期もあるのですが、Macへの愛を再確認したというか。。。笑 不思議。そういうプロダクトをいっぱい提供してくれるアップルにも感謝ですねえ。

    >covaemonさん
    ほんと、今では全然使わないし使おうとしても使い物にならないようなマシンも、なぜか捨てるってことができないんですよね。
    >もし誰かが使っていたとしてもうまく動いていない
    ああすごくそんな感じしますね。ほんとにそんな気がする。

    返信
  5. by raphie at

    皆さんおっしゃっる通り、Macは道具じゃないんですよね。私は相棒だと思っています。
    そんな事件に巻き込まれていらっしゃったこと、気づかずにいてごめんなさい。悲しいです。何だか一緒に泣けてきますよ。
    私もPBG4(12″)ユーザなので、どこに行くにも一緒なんです。底についた傷とかも自分のPBだけについているものだし、開いて入っているソフトウェアもドックの並び方も、自分と全く同じ人なんておそらく一人もいなくて、本当に本当にパーソナルな持ち物ですよね。シリアル番号登録で所有者登録がされているので、何とか、どうにか出てきてくれないかなぁ…。お願い…!

    返信
  6. by petite-tomo at

    らふぃさん、コメントありがとうございます。
    ああ、相棒!その言葉もぴったりですね…!そうそう、もう傷ですら愛おしい。そうそう、そうなんですよもう。パーソナルコンピュータって、ほんとにパーソナル。警察で、時価つけなきゃいけないってことで、まあ20万って言っておきましたけど、そんなのpricelessだと言いたかったですほんとは。

    返信

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。