永訣の朝

今日はバイト行って帰ってきただけなのでネタがない。だからひとつ好きな詩でも。今日ちょっぴり雪まじりだったしね。

宮沢賢治の「永訣の朝」。高校の時現代文の教科書に載ってた。

はじめて読んだ時、涙が出そうになった。死にゆくその日、最愛の兄に雪をたのむ妹。その妹への兄の痛いくらいの儚い想い。(あめゆじゅとてちてけんじゃ)が鈴の音のように鳴り響く。雪の雫がきらきらと光るのが目に浮かぶ。それが深い哀しみを帯びて美しさを増す。

たまらなく好きです。

永訣の朝

けふのうちに
とほくへいってしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
うすあかくいっさう陰惨な雲から
みぞれはびちょびちょふってくる
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
青い蓴菜のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがったてっぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
蒼鉛いろの暗い雲から
みぞれはびちょびちょ沈んでくる
ああとし子
死ぬといふいまごろになって
わたくしをいっしゃうあかるくするために
こんなさっぱりした雪のひとわんを
おまへはわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまっすぐにすすんでいくから
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
おまへはわたくしにたのんだのだ
 銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
……ふたきれのみかげせきざいに
みぞれはさびしくたまってゐる
わたくしはそのうへにあぶなくたち
雪と水とのまっしろな二相系をたもち
すきとほるつめたい雫にみちた
このつややかな松のえだから
わたくしのやさしいいもうとの
さいごのたべものをもらっていかう
わたしたちがいっしょにそだってきたあひだ
みなれたちゃわんのこの藍のもやうにも
もうけふおまへはわかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)
ほんとうにけふおまへはわかれてしまふ
あああのとざされた病室の
くらいびゃうぶやかやのなかに
やさしくあをじろく燃えてゐる
わたくしのけなげないもうとよ
この雪はどこをえらばうにも
あんまりどこもまっしろなのだ
あんなおそろしいみだれた空から
このうつくしい雪がきたのだ
 (うまれでくるたて
  こんどはこたにわりやのごとばかりで
  くるしまなよにうまれてくる)
おまへがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ

keywords:

あめゆじゅとてちてけんじゃ

「みぞれをとってきて」
まもなく消える妹の命。外は霙が降っているので変に明るい。妹が、熱で渇いた喉を潤そうとして、兄に「霙を取ってきて」と頼む。兄は「曲がった鉄砲玉のように」霙の降る庭へ飛び出す。長年妹と使ってきた、おそろいの茶碗を持って。

Ora Orade Shitori egumo

「わたしは、わたしで、ひとりで 逝きます」
(うまれで くるたて こんどは こたに わりやの ごとばかりで くるしまなあよに うまれてくる)
今度は、こんなに私のことばかりで、お兄さんが苦しまないように 生まれてくるね。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。