ホームレスのおっさんと話す

日本海で撮ったフィルム、1本撮りきってなかったので F3 ぶらさげて近所をおさんぽカメラ。おかず横丁なぞ撮りつつ歩いてたら、ダンボールを山と積み上げた台車を引くホームレスらしきおっさんに話しかけられた。

手に持った GR 見て「それ、デジタルカメラ?」と問う。「あ、こっちはデジタルです」と答えると「いくらすんの?」と問うので「あ、これ、出たばかりで高くて、その、は、はちまん・・・」と答えつつ、それよこせとか言われたらどうしようわたしつっかけだよ全力疾走できるかなとかすごいビビってた。

そしたら「俺、そこでカメラ拾ったんだよ。そんで、パキスタン人に売った。1000円。あいつらはなんでも買うぞ。御徒町にたくさんあるんだ」というところからはじまり、金持ちはすぐに物を捨てるとか、寒さを凌ぐにはやはり地下なんだとか、大工なんだけど年で大きい所では使ってもらえず仕事が無いんだとか、地元は新潟だとか、自分の町は豆ばっか作ってるとか、新潟にはもっと大きい商店街があるとか、新潟に帰りたいけど金が無いとか、ちゃんと土地があって娘や孫がいるんだとか、ごはんを食べないと体がおかしくなるんだとか、定食屋の納豆定食でごはんおかわり自由だからそれを食べるんだとか、生活保護受けるにもいろいろあって大変なんだとか、右翼団体がホームレスを利用して儲けてるんだとか、最近はコンビニは期限切れの弁当をくれなくなったんだとか、ホテルからもらってきた缶指差してこれでメシが食えるんだぞ、とか、なんかそんないろんな話をしていた。

ホームレスの人がどういうふうに生活してるのか、ちょっとだけ見えたような。おっさんは、「寒くなる前に、新潟に帰りてぇなぁ」とぽつりと呟いていた。おっさんの写真撮りたかったけど、なんかアレかなと思って言えなかった。

新潟、帰れるといいなぁ。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。