喫煙所

中学の時、職員室の向かいに和室があった。それは4畳半ほどの小さな和室で、真ん中には小さなちゃぶ台が置かれ、壁には釣りが趣味の先生が釣った魚の魚拓が所狭しと飾られていた。その部屋は、「タバコ部屋」と呼ばれていた。喫煙室、と決まっていたわけではないとおもうんだけど、生徒も出入りする職員室でタバコを吸うのが憚られるようになり、いつしかその和室で吸うというのが暗黙の了解なっていったようだった。小さなその部屋はタバコの煙が充満してとんでもないことになっていたけど、教育者という立場から離れた先生たちの素の顔が垣間見える気がして、休み時間に大人たちが煙をふかしながら談笑するその光景がとても好きだった。

近頃は喫煙者に対する風当たりはますます厳しくなり、タバコってだけで血相変えて罵倒するような人もいたりして、身体によくないのは重々承知だけどなんだかかわいそうな気すらしてくる。だけど、ひとつだけ喫煙者が羨ましいとおもうことがあって、それがあの喫煙所での和やかな雰囲気なのだ。休憩時間になるとなんとなく集まって、煙ふかしながらしゃべって、普段そんなにしゃべらないような人とも妙に和んでいる。ように見える。あれ、なんかいいなぁっておもうのだ。「火、貸してもらえます?」とかって、街中で全然見知らぬ人に火をわけてもらったりして、なんかすごい。

酒によるコミュニケーションは偉大だなぁとおもうけど、タバコによるコミュニケーションもなんかいい。あの場に混ざってみたいなとおもうんだけど、タバコを吸わないわたしは、やっぱり部外者なのだった。

喫煙所」への3件のフィードバック

  1. by mini-may at

    工事現場でも職人さんとか
    仕事中は口悪く怒鳴り合うのに
    休憩時間になると吸殻入れの廻りで
    煙草の火をもらいながら
    「あそこはこうだからさー」とか
    「お前が言いたいのも判るけどさー」とか
    やってましたね~。
    煙草を吸わない人にはわからない世界かも。。。

    返信
  2. by ynizumi at

    快楽を一時的に共有していることで、単に利害関係が一致しているからだと思います。

    返信
  3. by stonez at

    吸わないんですけど、あの雰囲気が好きなので
    たまに喫煙室に行きます(笑

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。