鳥越祭

毎年、6月の最初の土日は鳥越祭である。この辺に住む人たちにとっては年中行事で何よりも大事なイベント、三社祭よりも神田祭よりも鳥越祭である。工事するにも、「お祭りまでに終わらせてください」っていうのが多い。近所の寿司屋で板長さんと話してて「この辺の人のカレンダーは6月始まりだよw」なんて冗談が出るくらい。とにかく鳥越祭に焦点をあわせて生きているのだ。たぶん。

祭の当日は家の前にテーブル出したりゴザひいたりして、昼間から近所やら親戚やら集まって飲んで食べて騒いでる。お囃子と神輿を担ぐ人のかけ声の響く中、そこらへんをハッピにハチマキの人が行き交う。フンドシ一丁の人もいる。鳥越神社周辺の路地には所狭しと屋台が並び、普段人気のない裏道に、いったいどこにこんなに人がいたんだってくらい人があふれる。下町情緒と活気にあふれる2日間だ。

わたしは地元の人間じゃないから、若干疎外感を味わいながら「よそさん」的に祭を楽しむ。今年は F3 を持って。3本撮ったから、現像出しにいこうと思ったら今日休みだった。ぬー。どんなの撮れてるか、待ち遠しいのぅ。
鳥越祭
今年はなんとお馬さんまで出動してた。すげぇ。

鳥越祭」への1件のフィードバック

  1. by tetsu at

    9月にだんじり祭りのある大阪府岸和田市には、9月始まりのカレンダーが売っているらしいです。

    返信

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。