ルーヴル展など

R0020356
くらもちばあちゃん*1 が出品している公募展を観に、国立新美術館へ。

ついでなのでルーヴル美術館展ものぞいてみる(ついでなのか)。西洋美術館でもやっててとんでもない混雑模様みたいだけど、こちらは「美の宮殿の子どもたち」ってことで子供をテーマに作品を集めたもの。正直あんまり期待はしてなかったけど、ところどころ目を引くものがいくつかあったかな、というかんじ。ルーヴル展ていつもこんなかんじなんだよね、ルーヴルの名前で客集めてるってかんじで。ま、いいんだけど。子供のミイラはちょっとスゴかった。

公募展のほうは、趣味で描いてる人たちの作品がどわーって並んでるだけだけど、なんかあれはあれでおもしろいね。なんか人それぞれで。絵を描きたくなった。

*1 くらもちばあちゃんが何者なのかについては、ここでは触れないことにする。

ルーヴル展など」への1件のフィードバック

  1. by ひちゃこ at

    ルーブル展っていつもそんな感じだね。
    いやーでもそれでいいのかもよ。有名なのばっかりだと興奮しちゃうもの。
    モネ展のときがそうだった、ぜーんぶモネで大興奮!

    返信

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。