モノへの思い

前にもこのタイトルで書いたことがあったっけ。なんだろう、わたしはどうしても愛用しているモノに対する思い入れが強くて、それを突然失うことに耐えられない。以前 PowerBook が盗難にあったときもそうだったし、使い倒した GRD もそうだし、そしてホーネット。バイクなんて自分の身体の一部みたいなもんだからよけいに、だ。

事故して、まず修理だ、と考えた。廃車にするなんて考えは掠めもしなかった。だけど周りの人はみんな口を揃えて乗り換えたほうがいいって言う。いろんな人の意見を聞くうち、乗り換えるいい機会だととらえることもできるなあと、一時はかなり乗り換える方向に心が動いていた。

だけど、どうしても最後の最後でふんぎりがつかない。もっと現実的に(金銭面とか、乗り方とか、足つきとか、いろいろ考慮した上でね)次乗りたいものが明確に決まっていれば、こんなに悩むこともなくいい機会だからとあっさり乗り換えたのかもしれない。だけど今はどうしてもあのホーネットへの思いを断ち切ることができない。あのホネそのものにいっぱい愛着があって、もっと乗ってあげたい気持ちが大きくて、はい、次。って、考えられない。

で、そんな元彼に未練タラタラの状態で次のいい恋愛ができるともおもえないので、修理してとことん乗り倒すと心に決めた。この決断を後悔することはないな。あのホーネットで日本中駆け巡ってやるんだ。そんでその間にお金ためて(東京もやし生活!)、牛乳飲んで(もう手遅れだけど!)、次こそ大型いくんだ!(たぶん。w)

ホネ助さん、もうしばらくの間、このしょうもないヘッポコライダーにつきあってね。よろしく。ていうかはやいとこ戻ってきて。

モノへの思い」への3件のフィードバック

  1. by mini-may at

    その決断で良かったと思いますョ。
    自分でもそうしたでしょう。
    今の車は17年間乗ってます。
    エンジニアブーツは19年間履き続けてます。
    前のバイクは、事故ってフレームが曲がっても
    修正出来ると聞いてわざわざフレーム修正に出しました。
    その後、大破して再生不能になりましたが。。。
    買い換える理由が無いのだから買い換える必要はない
    そう私も思います。
    良かった良かった☆

    返信
  2. by studiocurve at

    ども、風の噂で今回の事の顛末を聞きまして…
    「もう乗らない」「乗り換え」の選択もあったと思いますが、ホネを修理して乗り続ける事にしたんですね。そうと決まれば少しでも早く手に戻して乗ってあげてください。バイクを含めモノってヤツはその持ち主の感情とか意識とかが離れてしまうと、みるみる朽ちていきますから。
    それではでは…
    おっと、もちろん集中(安全)運転でお願いします^^

    返信
  3. by ritsu at

    バイクみたいなもの(自分の場合はチャリですが)って、妙な思い入れで来ますよね。一緒に行動してきた友的な。
    おかげで、自分の自転車7台ありますよ(泣
    これからも、ホネたんかわいがってあげてね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。