卵子老化の真実

卵子老化の真実ガクブルしながら手に取った、河合蘭「卵子老化の真実」。わたしは現在 30歳である。焦る必要はない・・・と言い聞かせているけど、でも決して悠長にはしていられない年齢だとおもう。子供を産むには。

この本を読むとまさにそのとおりで、30代後半以降の妊娠出産が当たり前になったとはいえ、35歳の妊娠力は20代の半分に低下し、「卵子の老化」は染色体異常、流産など様々なリスクを増加させてしまう。ヒトの生理は変えられないのだ。じゃあ早く産みましょうと言っても、いろんな要因でなかなかそうもいかないのが現代社会。わたしの周りにも30代後半や40歳を超えて初めての出産をした人はいるし、いろんな人がいるのは当たり前。考えさせられることは多いけど、でも、とりあえずわたしは・・・なるべく早く産みたいなぁ。。とおもってる。けど、どうなるやら。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。