うさぎのほっぺ

書こう書こうとおもっていた甘いのについて、本日は書く。
敷島製パン うさぎのほっぺ カスタード&ホイップ である。
うさぎのほっぺ
いちおうどらやきという扱いらしいんだけど、生地は白くもちもちとしていて、中にはカスタードクリームとホイップクリーム。これ、粒あんバージョンもあって(だからどらやきか)、こっちが元みたいなんだけど、カスタードのほうが生地とよく合ってて圧倒的においしい。「うさぎのほっぺ」っていうネーミングもかわいい。2個入りなので、2人で1つずついただくことにしている。

普段は菓子パンなんか買わないんだけど、一緒に買い物に行った時に「これおいしいよ」と配偶者の人がカゴに入れたのが最初。そしたらまんまとハマってしまい、以来スーパーで安くなってるとついつい買ってしまう。ある時危機感を覚えて、もう買わないぞ!って決めたのにころすけが買ってきてしまい、なんで買ってくるの!!とわたしが怒り、彼としてはよかれと思って買ってきたのに怒られたことに納得がいかず、喧嘩になったとかならないとか。

とまあそんな罪なうさぎのほっぺ。パッケージのウサギが 2011年の年賀状に似ている気がするのもまた一興。最近ショコラ&ホイップってのも出てこれはこれでおいしいけど、わたしはやっぱりカスタード&ホイップだな。

Pasco

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。