着物

着物を仕立ててもらった。

成人式の時も大学の卒業式の時も頑なに振袖を着なかった(わざとらしく派手で下品なものばっかりで、同級生との自慢大会みたいなのがもんのすんごおおおっっく嫌だったのだ)わたしにとって、着物を着るのは七五三の時以来。ようやく仕立て上がったので、呉服屋さんへ。

淡いグリーンに四季折々のお花の柄の入った華やかな訪問着。最初はもっと地味なのがいいとおもってたんだけど、若いんだから華やかなほうがいい、地味なのはもっと歳をとってからのほうがいい、最初の1枚は幅広い場面で長く使えるものがいいと言われ、いろいろ出してもらったものの中から気に入ったものを選んだ。普段、黒とかくすんだ地味な色ばかりの洋服を着ているわたしは、こんなきれいな色似合うのかと思ったけど、見慣れてくるとなかなか。着物って、帯との組み合わせで雰囲気がガラッと変わるし、デザイン的にもとても美しくておもしろい。派手なのではなく、上品な華やかさがとても素敵だ。

この着物を最初に着るのは、妹の結婚式。今からものすごく楽しみなのだ。いずれは着付けも自分でできるようになりたいな。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。